救急告示・地域医療支援病院
在宅療養支援病院

診療科のご案内

循環器内科

循環器内科は狭心症や心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化疾患、心不全、心筋症や不整脈など多岐に渡る循環器疾患に対して診療を行っています。

特に心筋梗塞・不安定狭心症・急性心不全など緊急疾患を積極的に受け入れており、迅速な対応・治療を心がけています。

心臓血管カテーテル治療(バルーン・ステント治療)に関しては、看護師、臨床工学士、放射線技師、生理検査技師など熟練したスタッフとのチーム医療を確立しており、安全な検査・処置が行えるように日々改善を繰り返しています。

循環器内科
循環器内科

主な対象疾患

虚血性心臓病(狭心症・心筋梗塞など)、心不全、高血圧、心臓弁膜症、心房細動(不整脈)、肺高血圧症、動脈瘤、感染性心内膜炎、心筋炎、心筋症、先天性心臓病(成人例)、失神(アダムスストークス、神経調節性失神)など

当院の特徴

積極的な心疾患への取り組みが認められ、当院は平成19年4月より日本循環器学会認定循環器専門研修関連施設になっています。また、心大血管疾患リハビリテーション届出施設として、心不全や心筋梗塞、狭心症などの病気になられた患者さんの健康維持のリハビリテーションも行っています。
生命に直接影響を及ぼす可能性のある心臓病・動脈硬化性疾患を診察するため、正しい診断のもとに適切な治療を行うことにより、地域の皆様の健康な暮らしをお手伝いできるよう努力しています。

循環器内科

診療内容

主な検査

心電図、トレッドミル、ホルター心電図、ABI、心エコー(経胸壁・経食道)、頸動脈エコー、下肢動静脈エコー、心臓CT、心臓MRI、24時間血圧計などがあります。特に冠動脈造影CT、心臓MRIによる画像診断(負荷Perfusion 心臓MRIによる機能的心筋虚血の評価を含む)は、最新の医療機器にて行っています。

ABI
ABI
血管造影装置
血管造影装置

治療について

1.冠動脈、下肢動脈、鎖骨下動脈、腎臓脈狭窄病変に対するカテーテル治療
2.冠動脈高度石灰化病変に対するRotablator(ロータブレーター)を用いたカテーテル治療 ※1
3.ペースメーカー埋め込み手術、埋込み型心電図記録移植術
4.コイル・プラグ等による血管塞栓術(IVR)※注2
5.心不全、心筋症に対する精査・加療
6.不整脈に対する精査・薬物的加療
7.上腸間膜動脈乖離・狭窄に対するカテーテル治療

※注1 動脈硬化が進行し、冠動脈が硬く狭くなっている(石灰化)ようなケースにおいて、カテーテル治療を受ける場合、一般的なバルーンやステントだけでは治療が困難な場合があります。その場合には、ロータブレーターという器具を使い硬くなった部分を削ります。
ロータブレーターとは、カテーテルの先端にダイアモンドの細かい粒を付着させた小さなドリル(burr)がついており、それを高速回転することで、固いものを削ることができる器具です。柔らかいものは削れず、固いものだけが削れる仕組み(differential cutting)になっており、健康な血管を傷つけにくくなっています。
また、「削りかす」は赤血球よりも小さくなるため、血管に詰まることはほとんどありません。

病変ロータブレータ

※注2 動脈瘤(鎖骨下動脈分枝動脈瘤、気管支動脈瘤、脾動脈瘤、腎動脈瘤、腹腔動脈瘤、上腸膜動脈瘤、膵頭部周囲動脈瘤、孤立性内腸骨動脈瘤など)、喀血、血胸、肺動静脈瘻、動脈出血(消化管出血、脾動脈、腎動脈、骨盤動脈、下肢動脈など)、ステントグラフト挿入術後のエンドリーク。

上記を主な適応疾患としておりますが、塞栓術適応外となる場合があります。


戻る
外来受付時間
月〜土 9:00〜11:30
診療時間
平日 9:00〜17:00
土曜 9:00〜12:00
※日曜・祝日は休診日
※外来予約の変更は14時〜17時まで
救急外来24時間365日
救急外来について
入院患者 面会時間
14:00~16:30(1組30分程度)
※面会の際は事前にご予約をお願いいたします。
交通アクセス
外来受付時間
月〜土 9:00〜11:30
診療時間
平日 9:00〜17:00
土曜 9:00〜12:00
※日曜・祝日は休診日
※外来予約の変更は14時〜17時まで
救急外来24時間365日
救急外来について
入院患者 面会時間
14:00~16:30(1組30分程度)
※面会の際は事前にご予約をお願いいたします。
交通アクセス