診療科について
循環器内科
概要
担当医師
診療内容
設備
センター・病棟
専門外来
当診療科について

わが国では生活様式の欧米化・社会の高齢化に伴い、動脈硬化性疾患や心不全の患者数は増えつづけております。

当循環器内科では、狭心症や心筋梗塞や下肢閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化疾患、心不全、心筋症や不整脈など多岐にわたる循環器疾患に対して診療を行っております。特に心筋梗塞・不安定狭心症や急性心不全などの緊急疾患を積極的に受け入れており、迅速な対応・治療を心がけています。心臓血管カテーテル治療(バルーン、ステント治療)に関しては、看護師、臨床工学技士、放射線技師、生理検査技師など熟練したスタッフとのチーム医療を確立しており、安全な検査・処置が行えるように日々改善を繰り返しております。

積極的な心疾患への取り組みが認められ、当院は平成19年4月より日本循環器学会認定循環器専門研修関連施設となっています。また、心大血管疾患リハビリテーション届出施設として、心不全や心筋梗塞、狭心症などの病気になられた患者様の健康維持のリハビリテーションも行っています。
生命に直接影響を及ぼす可能性のある心臓病・動脈硬化性疾患を扱うため、正しい診断のもとに適切な治療を行うことにより、地域の皆様の健康な暮らしのお手伝いができますよう努力してまいります。
主な対象疾患

虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞など)、心不全、高血圧、心臓弁膜症、心房細動(不整脈)、肺高血圧症、動脈瘤、感染性心内膜炎、心筋炎、心筋症、先天性心臓病(成人例)、失神(アダムスストークス、神経調節性失神)など

日本循環器学会等によるガイドラインなどに基づき診療を行っています。


主な検査・治療内容

当院で行っている循環器的検査としては、心電図、マスター心電図、トレッドミル、心エコー(ドップラーを含む)、頸部血管エコー、下肢静脈エコー、ホルター心電図、心臓MDCT、24時間血圧計、睡眠時無呼吸検査などがあり、侵襲的検査、治療として心臓カテーテル検査、ペースメーカー植え込み術などを行っております。


外来担当医

循環器内科

(2018年9月12日更新)

診察時間
午前
1
午後

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
3

●田原 敦子 (9:00〜12:00)

4

有働 晃博 (9:00〜12:00)

5
6

有働 晃博 (9:00〜12:00)

7
8
午後

●田原 敦子 (13:00〜15:00)

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
10

●田原 敦子 (9:00〜12:00)

11

有働 晃博 (9:00〜12:00)

12
13

有働 晃博 (9:00〜12:00)

14
15
午後

●田原 敦子 (13:00〜15:00)

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
17

休診日

18

有働 晃博 (9:00〜12:00)

19
20

有働 晃博 (9:00〜12:00)

21
22
午後

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
24

休診日

25

有働 晃博 (9:00〜12:00)

26
27

有働 晃博 (9:00〜12:00)

28
29
午後

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
午後

※●:非常勤
※診療時間・担当医師は、急患搬入時・学会出張など医師の都合により予告なく変更される場合があります、ご了承ください。
※詳しくは、お電話・窓口までお問い合わせください。

担当医師一覧
心臓カテ―テルセンター長 有働 晃博

担当科
循環器内科

有働 晃博
UDO AKIHIRO
心臓カテ―テルセンター長
非常勤 ●富田 英春

担当科
循環器内科

●富田 英春
TOMITA HIDEHARU
非常勤
非常勤 ●田原 敦子

担当科
循環器内科

●田原 敦子
TAHARA ATSUKO
非常勤