診療科について
循環器内科
概要
担当医師
診療内容
設備
センター・病棟
専門外来
当診療科について

わが国では生活様式の欧米化・社会の高齢化に伴い、動脈硬化性疾患や心不全の患者数は増えつづけております。

当循環器内科では、狭心症や心筋梗塞や下肢閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化疾患、心不全、心筋症や不整脈など多岐にわたる循環器疾患に対して診療を行っております。特に心筋梗塞・不安定狭心症や急性心不全などの緊急疾患を積極的に受け入れており、迅速な対応・治療を心がけています。心臓血管カテーテル治療(バルーン、ステント治療)に関しては、看護師、臨床工学技士、放射線技師、生理検査技師など熟練したスタッフとのチーム医療を確立しており、安全な検査・処置が行えるように日々改善を繰り返しております。

積極的な心疾患への取り組みが認められ、当院は平成19年4月より日本循環器学会認定循環器専門研修関連施設となっています。また、心大血管疾患リハビリテーション届出施設として、心不全や心筋梗塞、狭心症などの病気になられた患者様の健康維持のリハビリテーションも行っています。
生命に直接影響を及ぼす可能性のある心臓病・動脈硬化性疾患を扱うため、正しい診断のもとに適切な治療を行うことにより、地域の皆様の健康な暮らしのお手伝いができますよう努力してまいります。
主な対象疾患

虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞など)、心不全、高血圧、心臓弁膜症、心房細動(不整脈)、肺高血圧症、動脈瘤、感染性心内膜炎、心筋炎、心筋症、先天性心臓病(成人例)、失神(アダムスストークス、神経調節性失神)など

日本循環器学会等によるガイドラインなどに基づき診療を行っています。


主な検査・治療内容

<主な検査>
心電図、トレッドミル、ホルター心電図、ABI、心エコー(経胸壁・経食道)、頸動脈エコー、下肢動静脈エコー、心臓CT、心臓MRI、24時間血圧計などがあります。特に冠動脈造影CT、心臓MRIによる画像診断(負荷Perfusion 心臓MRIによる機能的心筋虚血の評価を含む)は、最新の医療機器にて行っています。




<主な治療内容>
1.冠動脈、下肢動脈、腎動脈狭窄病変に対するカテーテル治療
2.ペースメーカー埋め込み手術
3.コイル・プラグ等による血管塞栓術(※)
4.心不全、心筋症に対する精査・加療
5.不整脈に対する精査・薬物的加療
6.上腸間膜動脈解離・狭窄に対するカテーテル治療

※動脈瘤(鎖骨下動脈分枝動脈瘤、気管支動脈瘤、脾動脈瘤、腎動脈瘤、孤立性内腸骨動脈瘤など)、肺動静脈瘻、動脈出血(消化管出血、下肢動脈出血、気管支動脈を含めた胸部動脈、骨盤動脈、腎動脈など)、ステントグラフト挿入術後のエンドリーク。

上記を主な適応疾患としておりますが、塞栓術適応外となる場合があります。

外来担当医

循環器内科

(2019年12月12日更新)

診察時間
午前
2

●田原 敦子 (9:00〜12:00)

3

有働 晃博 (9:00〜12:00)

4
5

有働 晃博 (9:00〜12:00)

6
7
午後

●田原 敦子 (13:00〜15:00)

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
9

●田原 敦子 (9:00〜12:00)

10

有働 晃博 (9:00〜12:00)

11
12

有働 晃博 (9:00〜12:00)

13
14
午後

●田原 敦子 (13:00〜15:00)

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
16

●田原 敦子 (9:00〜12:00)

17

有働 晃博 (9:00〜12:00)

18
19

有働 晃博 (9:00〜12:00)

20
21
午後

●田原 敦子 (13:00〜15:00)

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
23

●田原 敦子 (9:00〜12:00)

24

有働 晃博 (9:00〜12:00)

25
26

有働 晃博 (9:00〜12:00)

27
28
午後

●田原 敦子 (13:00〜15:00)

●富田 英春 (14:00〜17:00)

午前
30

●田原 敦子 (9:00〜12:00)

31

有働 晃博 (9:00〜12:00)

午後

●田原 敦子 (13:00〜15:00)

※●:非常勤
※診療時間・担当医師は、急患搬入時・学会出張など医師の都合により予告なく変更される場合があります、ご了承ください。
※詳しくは、お電話・窓口までお問い合わせください。

担当医師一覧
心臓・血管カテ―テルセンター長 有働 晃博

担当科
循環器内科

有働 晃博
UDO AKIHIRO
心臓・血管カテ―テルセンター長
非常勤 ●富田 英春

担当科
循環器内科

●富田 英春
TOMITA HIDEHARU
非常勤
非常勤 ●田原 敦子

担当科
循環器内科

●田原 敦子
TAHARA ATSUKO
非常勤
心房細動(不整脈)
心房細動は高齢者に多く見られる不整脈です。

加齢とともに増加し、70歳代の5%、80歳代の10%程度の割合で起こる比較的起こりやすい不整脈です。
日本国内に約80万人いるとされています。潜在的には100万人を超すともいわれています。自覚症状は動悸に気づくことがありますが、発作に気づかずに健康診断等でたまたま見つかることも多くあります。

詳しくはこちら
心不全

心不全とは心臓のはたらきが十分でない状態で急性心不全と慢性心不全があります。当院では、主に慢性心不全の診療を行っております。

詳しくはこちら
心房細動(不整脈)
心房細動とは
心房細動では心房に統一性のない不規則で連続的な電気的興奮が起こります。心電図では心房の興奮にあたるP波は細かい基線のゆれのように見えることが多いです。

正常では心房の収縮と心室の収縮は 1:1 ですが、心房細動の場合は不規則に複数回に1回伝わるため心室の収縮にあたるQRS波形(つまり心室の収縮)は不規則になります。

このため脈がばらばらになります。また、未治療の心房細動は頻拍となることが多く動悸の原因となります。
心房細動から脳梗塞に

心房細動は明確な自覚症状がない場合もあり比較的軽度な不整脈と判断されがちですが、心房細動が持続すると心房内に血液の流れがよどみ、血栓(血液の塊)ができやすくなります。

特に左房でできた血栓が脳にとび脳の主要な血管(脳動脈)が閉塞されると脳梗塞を引き起こしてしまいます。

心房細動をそのまま放置した場合、5%の患者さんが脳梗塞になることが知られています。脳梗塞疾患側からみると脳梗塞の約30%が心房細動によるといわれています(心原性脳塞栓症)。

この不整脈自体は致死的な不整脈ではありませんが、脳梗塞になると非常にリスクが高くなり、死に至るケースも多くなります。未然の予防が必要です。

一旦、脳梗塞が起こると…

心房細動が原因でおこる脳梗塞は重症化しやすく、命にかかわるだけでなく、重い後遺症を残して寝たきりや介護が必要となる可能性が高くなります。

当院では心房細動の早期発見、早期治療に積極的に取り組んでおり、自己検脈や心電図、ホルター心電図などを勧めています。

診療内容トップへ戻る
心不全
治療方法について
心不全の方への運動効果

心臓が悪い方は、運動をしない方がいいのではないかと思われるかも知れませんが、現在は、運動が心不全の治療のひとつとして考えられています。

(a)運動耐容能の増加

体力が向上し、日常生活における息切れや疲労感などの症状が改善します。

(b)呼吸機能の改善

運動は、体の筋肉や呼吸筋を強くし、呼吸困難感を軽減します。

(c)自律神経機能の改善

心疾患では、交感神経が緊張した状態が続き、心不全の進行や重症不整脈の発生に関わります。運動はその交感神経の緊張を低下させ、副交感神経の働きを増加させます。

(d)動脈硬化危険因子の是正
高血圧
運動によって、収縮期血圧10mmHg程度、拡張期血圧5mmHg程度の高圧効果が認められています。
高脂血症
食事療法などを含めた包括的心臓リハビリテーション(下部セクション参考)により、脂質代謝改善します(コレステロール低下など)。
肥満
肥満は虚血性疾患症の危険因子です。運動は肥満の改善につながります。
糖尿病
食事療法や運動により体重が減少し、インスリン抵抗性および脂質代謝が改善します。
心不全の方へのリハビリテーション
1.入院初期
急性期の合併症の発生を監視し、安全域を確認しながら日常生活を拡大していく時期です。ベッドの座位⇒ベッド横での立位⇒10m歩行⇒50m歩行と血圧などの状態を確認しながら段階的に活動を拡大していきます。

2.回復段階
退院に向けた運動能力の獲得のための準備時期です。200m程度の歩行が可能となれば、運動負荷試験に基づく運動処方を行い、さらに運動強度を拡大していきます。

3.外来リハビリ
退院後は、週2~3回の心臓リハビリをお勧めしています。運動機能の維持ではなく、前述の包括的心臓リハビリテーションにより、再発再入院の予防につながります。1~3ヶ月が目安となりますが、運動は、その後も定期的に継続することが大切です。 詳しくはスタッフが説明します。

当院には日本心臓リハビリテーション学会認定の心臓リハビリテーション指導士が在籍しています。

診療内容トップへ戻る
24時間携帯型自動血圧計(ABPM)
ABPMの適応
(1)診察室あるいは家庭での血圧が大きく変動する場合>
(2)白衣高血圧が疑われる場合
(3)薬物抵抗性抗血圧
(4)降圧薬投与中に低血圧を示唆する徴候が見られる場合
(5)早朝高血圧を示す場合
白衣高血圧について
家庭の血圧や自由行動下の血圧は正常なのに、診察時の血圧が高値である状態を「白衣高血圧」といいます。
図1は、診察時血圧と24時間血圧との関係を示しています。
図2は、白衣高血圧と脳心血管発症との関係を調べたものですが、白衣高血圧は家庭血圧や自由行動下血圧も高いいわゆる「高血圧」に比べ、脳心血管発症の危険性は低いと言われています。
今の治療が必要なのか、薬を増やした方がよいかは、家庭血圧や自由行動下血圧の測定をしてからにしましょう!
夜間の意識消失と低血圧について
夜間のふらつきなどの原因として、夜間に過度に血圧が低下している場合があります。
図3は、失神(一時的に気を失うこと)のために入院され、原因を調べるために24時間血圧計を装着した方の実例です。矢印にしめした夜間の血圧が過度に低下しており、降圧剤の変更を行いました。
また、早朝に急激な血圧上昇を来たすような場合にも、睡眠中の血圧を測定しない限り分かりません。
あなたに合った降圧剤の選択に24時間血圧測定が有効な場合があります
戻る
冠動脈造影CT(心臓CT)

心臓の筋肉を栄養している血管のことを冠動脈といいます。右に1本と左に2本の合計3本の血管が心臓に血液を送っています。
冠動脈が動脈硬化により狭くなったり閉塞したりすると、狭心症や心筋梗塞が起こります。冠動脈の状態をCTで精査するのが冠動脈造影CT検査です。

写真の上段は正常の冠動脈を示しています。
写真の下段には狭心症の方の冠動脈の例を示しています。矢印で示している部分に狭窄を認めます。

検査方法

上肢の静脈から点滴を行います。そこから造影剤という検査用のお薬を注射して冠動脈を造影し、コンピュータを用いて撮影、合成することで冠動脈の血管の状態を調べることが可能になりました。

きれいな画像を得るために心拍数を調節するお薬や血管の緊張をとるお薬を内服して頂くことがあります。

撮影時間は約5分程度ですが、検査前に術衣を着替えて頂く時間や点滴を行う時間を含めると20分程度かかります。検査終了後、しばらくして静脈からの点滴は抜きます。

検査の説明

結果はコンピュータの解析に約1時間~2時間程度を要しますので、しばらくお待ち頂くか、後日結果をお知らせするかになります。検査を受ける際に医師にご相談ください

検査に伴う合併症・偶発症

(1)造影剤によるアレルギーのある方が稀におられ、気分不良・吐気・発疹などを起こす場合があります。その場合は、ステロイド(副腎皮質ホルモン)という薬などで対処します。検査終了後24時間程度はアレルギーの出る可能性がありますので、帰宅後に異常に気付かれた場合は必ず受診して下さい

(2)造影剤は腎臓から排泄されますが、腎機能の障害のある方で、稀に腎不全を合併することがあります。検査を行う前に腎機能のチェックが必要です。極めて稀には人工透析を行う場合もあります。

(3)稀に点滴部の内出血や造影剤の漏れなどで、腫れが生じたり痛みが続く場合があります。その場で気がついた場合は診察し、必要に応じて治療を行いますが、帰宅後に気付かれた場合には病状を確認し、治療を行ったほうがよいか判断致しますので受診して下さい。

戻る
心臓・血管カテーテルセンター

心臓は休むことなく全身に血液を送り続けています。その心臓を栄養している冠動脈という血管に動脈硬化が起きると狭心症や心筋梗塞となり、胸の痛みや不整脈の原因となります。
心臓カテーテル検査では、カテーテルと呼ばれる細い管を手首や肘、足の付け根の動脈から挿入し、X線装置を使用しながら冠動脈や心臓の検査を行います。麻酔は局所麻酔なので、検査中気になることがあればお話しすることもできます。
当院は下記の心臓カテーテル検査装置を導入し、患者様にとって少ない負担で安全な検査を行えるよう努めています。


心臓カテーテル検査装置(GE)

血管X線撮影装置(GE社製)を導入。急性心筋梗塞など虚血性心疾患の血管内治療が可能な心臓カテーテル検査装置を設置。


Warning: Smarty error: unable to read resource: "/usr/home/z103066/html/shinryo/include_cont/contents6/gairai.html" in /usr/home/z103066/_syslib/smarty/Smarty.class.php on line 1092