診療科について
消化器内科
概要
担当医師
診療内容
設備
センター・病棟
専門外来
当診療科について

消化器内科とは、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や、肝臓、胆道、膵臓に起きる消化器疾患をお腹を切らずに治療する診療科です。

消化器病(食べ物の通路および消化・吸収をする臓器の病気)の兆候には、腹痛、下痢、便秘、胸やけ、胃部不快感、嘔気、嘔吐、背部痛、腰痛など、いろいろな症状があります。
当院では、最新の電子内視鏡、CT、MRI を駆使して、これらの病気の正確な診断に基づく治療を心がけています。

胃・十二指腸潰瘍であれば、その原因であるヘリコバクター・ピロリ菌を除菌する、吐血であれば出血部位を確認するために、内視鏡検査を行い、引き続き止血処置を行う、などがあります。
しかしながら、がんは早期の段階では、症状をおこさないのが大部分です。
つまり、無症状な時期から、積極的に定期検査を行うことが重要です。

早期にがんが発見できれば、完治が望めますし、少ない傷と少ない入院で社会復帰できます。
また、日常生活も手術前とほとんど変わりません。治療が進歩したとはいえ、進行がんに対する治療はまだまだ困難な場合が多いのは事実です。もっと早く検査していれば・・・、と検査をしながら進行がんに出くわした時は、残念に思うことは少なくありません。

この地域から進行がんをなくしたい。そんな思いで日々の診療に携わっています。
当院では、診断から治療(内視鏡治療、外科手術、化学療法など)、そして終末期の緩和治療まで、患者さんの意見を尊重しながら、責任をもって治療にあたっています。
主な対象疾患

主な疾患は
食道・胃がん、大腸がん、胆のう・肝臓がん、食道胃静脈瘤、胆石症(胆管炎、胆のう炎)、胆膵疾患、胃・十二指腸炎、胃・十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌、胃・大腸ポリープ、急性膵炎、逆流性食道炎、肝炎、肝硬変、肝不全、クローン病、潰瘍性大腸炎など

実績
外来担当医

消化器内科

(2017年9月6日更新)

診察時間
午前
1
2
午後
午前
4
5

樋口 徹 (9:00〜12:00)

6

●入江 朋子 (9:00〜12:00)

7

西村 宏達 (9:00〜13:00)

8
9
午後
午前
11
12

樋口 徹 (9:00〜12:00)

13

●入江 朋子 (9:00〜12:00)

14

西村 宏達 (9:00〜13:00)

15
16
午後
午前
18

休診日

19

樋口 徹 (9:00〜12:00)

20

●入江 朋子 (9:00〜12:00)

21

西村 宏達 (9:00〜13:00)

22
23

休診日

午後
午前
25
26

樋口 徹 (9:00〜12:00)

27

●入江 朋子 (9:00〜12:00)

28

西村 宏達 (9:00〜13:00)

29
30
午後

※●:非常勤
※診療時間・担当医師は、急患搬入時・学会出張など医師の都合により予告なく変更される場合があります、ご了承ください。
※詳しくは、お電話・窓口までお問い合わせください。

担当医師一覧
内科部長(消化器内科)兼内視鏡センター副センター長 西村 宏達

担当科
消化器内科

西村 宏達
NISHIMURA HIROKATSU
内科部長(消化器内科)兼内視鏡センター副センター長
 樋口 徹

担当科
消化器内科

樋口 徹
HIGUCHI TORU
非常勤 ●入江 朋子

担当科
消化器内科・内視鏡検査

●入江 朋子
IRIE TOMOKO
非常勤