診療科について
HOME(ご来院される方) > 診療科について > 診療科一覧 > リハビリテーション科
リハビリテーション科
概要
担当医師
診療内容
設備
センター・病棟
専門外来
当診療科について

脳卒中など脳血管疾患による後遺症から、外傷または疾病による運動機能障害に対して、機能回復・維持のために、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による訓練を行っています。

当科は、急性期医療を担う一般病棟、回復期リハビリテーション病棟、在宅部門の外来リハビリテーションを有しています。脳血管障害・骨折の手術、肺炎などの内科疾患、消化器外科疾患の急性期リハビリテーション、その後の回復期リハビリテーションを実施しています。
さらに、自宅療養における維持リハビリテーションの提供体制をとっていきます。





主な対象疾患

主な疾患は
<脳血管疾患>
脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血、頭部外傷、脊髄損傷、脳腫瘍、脳膿瘍、多発性神経炎、
パーキンソン病などの神経筋疾患、内科疾患治療後、外科手術後の廃用症候群

<運動器疾患>
四肢損傷、骨盤・脊椎疾患、関節の変形疾患

<呼吸器疾患>
肺炎、肺膿瘍、慢性閉塞性肺疾患、胸部外傷

<心大血管疾患>
急性心筋梗塞、狭心症、心不全
実績
担当医師一覧
黒木 健文
KUROKI TAKEFUMI
リハビリテーション科部長