健診・人間ドック
特定健診
メタボリックシンドロームとは

ご存じですか「メタボ」?
不規則な生活を続けていると内臓脂肪が蓄積し、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)の原因となります。

男性85cm、女性90cm以上の腹囲で、かつ

血圧130/85mmHg以上

中性脂肪150mg/dL以上、またはHDLコレステロール40mg/dL未満

血糖値110mg/dL以上

上記のうち2つ以上に該当する人は、メタボリックシンドロームの危険性があります。メタボリックシンドロームを放置しておくと、脳卒中や心臓病、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす危険が増大します。
そこで、新しい健診・保健指導では、メタボリックシンドロームとその予備群を見つけ、生活習慣病を予防し、運動・食生活・禁煙を中心に行動変容を促すプログラムが組まれます。

特定健康調査の項目一覧
検査項目 内容
問診 既往歴、自覚症状、他覚症状など
身体計測 身長、体重、BMI、腹囲
血圧測定 血圧
血液検査 肝機能(GOT、GPT、γ-GTP)
脂質(中性脂肪、HDL・LDLコレステロール)
血糖検査
尿検査 尿糖、尿蛋白
詳細な健診項目 貧血検査(貧血の既往歴や疑われる方のみ)
心電図検査(一定の基準に該当する方のみ)
眼底検査(一定の基準に該当する方のみ)

特定健康診査の対象になる方

協会管掌健康保険の被扶養者の方(任意継続被保険者のご家族の方を含む)

40歳以上75歳未満の方(今年度75歳になられる方については、75歳の誕生日の前日までは受診可能です。)
※75歳以上の方は、後期高齢者健診となります。

被保険者の方は特定健康診査ではなく、生活習慣病予防健診の対象となりますので、生活習慣病予防健診のご案内をご覧ください。

特定健診のご予約について

お手元に「受診券」が届きましたら、受診券をお手元にご用意の上、健診センターへご予約ください。

小郡市・大刀洗町の特定健診も当センターで受診できます

メタボリックシンドローム対策3つのご提案

運動不足対策

メタボリックシンドロームの改善やダイエットには、日常生活の中で上手に運動する機会をつくっていくことがポイントです。無理せず、長く続けられるスポーツや運動方法を見つけましょう。

過栄養対策

偏った食生活をしている人は、メタボリックシンドロームなりやすい傾向にあります。そのため、食生活の改善が重要です。

喫煙対策

メタボリックシンドロームに喫煙習慣が加わると、病気の発症リスクがさらに高くなるため、メタボリックシンドローム予防には喫煙習慣の改善も重要だと言われています。

特定保健指導の流れ

※薬剤治療を受けている場合は特定保健指導の対象外となります。