医療従事者の方
HOME(ご来院される方) > 医療従事者の方 > 地域医療連携について
地域医療連携について
平成16年、地域医療連携室を本格的に稼働させて以来当院は、地域の開業医および近隣病院との相互信頼と医療連携の強化に加え「質の高い医療の提供」と、いざというとき「頼りになる病院」を目指し、「ひとつひとつの紹介を大切に」を合言葉にこれまで取り組んで参りました。

地域住民の皆さんが日夜安心して医療が受けられる基盤作りのためには、開業の先生方そして病院、各種療養施設などとの医療連携のご協力が不可欠です。今後も「地域医療連携講演会」など皆さんと意見を交わす機会を設けつつ、さらに強力な連携体制を構築していきたいと願っております。


地域医療連携室の活動内容
患者さん相談窓口
地域医療連携室では、患者さん相談窓口を開設しております。
病気への不安、在宅について、経済的な問題、病院・施設選びなど、病気に伴って患者さんやご家族に生じる様々な悩みのご相談を行います。
入院治療に関しての説明・相談
患者さんやご家族の方が安心し、納得して入院治療を受け、退院していただけるように、当院では入院の早期より専門スタッフが患者さんのところにうかがい、入院治療計画を説明し、退院の時期や、退院の時の身体状態について説明しています。 更に必要な場合は、退院後の療養の場所、具体的な療養生活のあり方についても説明・相談するために活動しています。
退院に向けて(後方支援)
地域医療連携室ではリエゾンナース1名・ソーシャルワーカー3名で患者さんとそのご家族の相談や介護保険制度の説明、退院先施設との調整等の退院支援活動を行っています。心配な事、不安な事、分からない事がありましたらお気軽に地域医療連携室へご相談下さい。

面談の中でご家族とご本人との意向が違い、調整が難しい事もありますが、まずはご自宅へ復帰される事を最優先に考えています。ご自宅への復帰が困難であれば、状態に合わせ病院や施設へのご紹介などもお話しさせて頂いています。


地域医療連携講演会
当院では、地域の診療所、クリニック、医療施設との連携をすすめるため、症例検討会や医療講演会を登録医をはじめ地域の先生方を対象に実施しています。地域の先生方の多くのご参加をお待ちしております。

開催日 テーマ
第139回 平成28年6月29日(水)
19:10〜

症例報告 嶋田病院 消化器外科 松山悟医師

特別講演「機能性ディペプシアについて(仮)」

柳川病院 病院長 於保 和彦先生

過去の地域医療連携講演会の内容
開催日 テーマ
第138回 平成28年5月23日 最近の心房細動と静脈血栓塞栓症に対する抗凝固療法

久留米大学医学部内科学講座
心臓・血管内科部門 主任教授 福本 義弘 先生

第137回 平成28年4月26日 肝細胞癌の診断と治療のトピックス

久留米大学病院
消化器内科部門 主任教授 鳥村 祐司 先生

第136回 平成28年3月28日 平成28年度 診療報酬改定のポイント

株式会社日本経営
福岡オフィス所長 橋本 竜也 先生

第135回 平成28年2月22日 下肢のむくみ ~ 診断のポイント ~

嶋田病院
血管外科 石原 健次 先生

第134回 平成28年1月28日 地域医療における緩和ケアの役割

嶋田病院
院長補佐 外科 西村 一宣 先生

第133回 平成27年11月30日 脳卒中予防病診連携への期待

鹿児島医療センター
脳卒中センター長 松岡 秀樹 先生

第132回 平成27年10月26日 インターベンション医がNOACを考えると

久留米大学病院 循環器病センター
教授 上野 高史 先生

第131回 平成27年9月28日 機能性消化管障害:便秘症への対応

福岡市医師会成人病センター
院長 壁村 哲平 先生

第130回 平成27年8月24日 痛み疾患における治療と連携について

久留米大学医学部 麻酔学教室
山田 信一 先生

第129回 平成27年7月27日 頭の痛い話 ~頭痛にもいろいろあります~

熊本市民病院 神経内科
橋本 洋一郎 先生

第128回 平成27年6月26日 心臓血管病予防を目指した糖尿病治療:最近の考え方

徳島大学大学院
特任教授 島袋 充生 先生

第127回 平成27年5月25日 夜間頻尿のマネージメント

山下泌尿器科
冨安 克郎 先生

第126回 平成27年4月27日 禁煙外来は簡単

つだ病院
津田 徹 先生