外来受診される方
HOME(ご来院される方) > 外来受診 > かかりつけ医・紹介状について
かかりつけ医・紹介状について
かかりつけ医との役割分担

日頃から診療を受けている、かかりつけの医院・診療所・クリニックなどの医師で、患者さんの健康状態を詳しく把握している医師のことを「かかりつけ医」といいます。

当院では、救急・精密検査・入院・手術など、より高度な医療が必要な場合に、患者さんの病状や治療経過などを把握されている、かかりつけ医の「紹介状」をもとに、両者で連携した治療を行います。
当院での治療によって患者さんの病状が回復・安定した後は、かかりつけ医に継続的な治療を引き継いでいただきます。

かかりつけ医と当院の役割を分担し、連携した医療を行うことで、患者さんの負担が軽減され、より適切な医療を受けていただくことができます。かかりつけ医をお持ちでない方には、当院からのご紹介も行っています。

かかりつけ医をもつメリット

日常的な健康管理のアドバイスや健康相談などを受けられる

病歴・体質・生活習慣などにもとづく診療を受けられる

必要な際に適切な病院や専門医の紹介を受けられる

紹介状(診療情報提供書)について

かかりつけ医による「紹介状」には、患者さんの症状、病歴、検査や治療経過などが記載されており、当院での診療に役立ちます。また、重複した検査などを避けることができ、患者さんの身体的・金銭的な負担を軽減します。当院での診療の際は、かかりつけ医の紹介状を必ずお持ちください。

地域医療連携について

当院では、地域の医療施設の医師の方から患者さんをご紹介いただき、入院・手術・検査・治療、などを行っています。その他にも、回復期リハビリテーションや緩和ケアでも紹介を受付ております。

より適切で高度な医療を提供できるよう、「地域医療連携室」を設置して、当院と地域の医療施設が一体となる体制づくりを進めながら、患者さんが効果的な医療を継続的に受けられるよう努めています。

かかりつけ医療機関をお探しの方はこちらをご参照ください。