Skip to content

「 糖尿病 」 タグを含む投稿一覧

4月 19日
( 2013年 )

七夕薬薬ネットワークのご紹介

by yuakashi

糖尿病プロジェクト 七夕薬薬ネットワーク(調剤薬局―病院薬局連携)について

小郡地区の薬剤師は平成24年4月から、“七夕薬薬ネットワーク”と名付けて、地域単位で連携しております。

これまでも久留米三井薬剤師会での連携はありましたが、このネットワークでは、総合メディカル株式会社、そうごう薬局小郡中央店、嶋田病院薬剤科をはじめ、小郡地区に勤務する薬剤師間で連携、情報共有することにより、医療の質向上、更なる地域貢献を目指しております。

嶋田病院糖尿病内科(糖尿病プロジェクト)および地域連携室の協力のもと、趣旨に賛同いただいた調剤薬局にて、眼科受診促進パンフレットや糖尿病に関する資料を毎月配布しています。

また、奇数月第4火曜に薬剤師を対象とした会議を開催し、医師による講習会や症例検討、上記パンフレット解説を行っております。

次回は、5月28日火曜午後7時、嶋田病院会議室にて開催する予定です。

(薬剤部 下田)

              Photo by Naomi Yamamoto

1月 14日
( 2011年 )

日本一の糖尿病モデル地区を目指して

by nonoshita

糖尿病に対する取り組みのページもホームページ上に出来ました。

糖尿病について

当院通院の患者さんだけではなく、この地区の糖尿病患者の重症化を防ぐ、未病の住民の方、境界型の方が糖尿病になるのを防ぐ!ため、さまざま取り組みを行っています。

是非、ご覧ください。また、各種「教室」を開催していますので、ご参加ください!

11月 22日
( 2010年 )

健康教室「糖尿病」

by nonoshita

 平成22年11月20日(土)13:00~健康教室を開催しました。

本館1階 研修室にて、今回も多くの方に参加いただきました。

ますは、 糖尿病内科 中村聡江先生による講義。 

 

次に理学療法士の明星主任による「ストレッチ体操」。

 「旬の食材を使った料理 」の試食会も行いました

11月 17日
( 2010年 )

第78回地域医療連携講演会「糖尿病」

by nonoshita


日時 平成22年11月29日(月)19:10~
場所 嶋田病院 本館1階 研修室

内容 「ノボラピット70ミックスの使用経験」
嶋田病院 内分泌代謝内科 中村聡江 医師

「メトグルコ高用量で血糖が改善した症例」
やなぎ医院 院長 柳純二先生

「DPP-4阻害剤(クラクティブ錠)の使用経験」
特別コメンテーター
いとう内科クリニック 院長 伊藤久生先生

詳しくはこちらをどうぞ

今月は「世界糖尿病デー」がある月です。講演会も「糖尿病」特集!!

多くの先生方の参加をお待ちしています。

前回の講演会の様子も更新しました!

10月 30日
( 2010年 )

糖尿病連携パス

by nonoshita

DITNという糖尿病専門新聞391号 (2010年10月5日発行)に

当院のことが掲載されました。

「連携パスと出張糖尿病教室を利用した福岡県小郡・大刀洗地区全体の

糖尿病診療向上の試み」という内容です。

来月発行の広報誌「躍進」の特集も糖尿病プロジェクトです!

世界糖尿病デーも来月はあります。たくさんの情報を出していければ…

と思っています。

10月 25日
( 2010年 )

準備中

by nonoshita

昨日10月25日日曜日、嶋田病院糖尿病患者の会「くすのき会」の

ウォークラリーの日でした。あいにくの

でも、ボランティアで集まったスタッフは元気!!です。患者さんに楽しんで

いただこうと張り切っています。

今年はスタッフ用に、くすのき会イメージカラーの青いお揃いのベストが出来ていました!

 

9時30分受け付け開始、10時からスタートなので9時前から

小郡市のあすてらすに集合して準備中です。

ゲームの輪投げの確認中…。

体操のお兄さん、お姉さん!

私は写真班でしたので、バンバン撮っていたら100枚近く。

小分けでご紹介していきまーす。

シンボルの旗を掲げて(壁に貼ったんですが…)、準備O.K.!!

10月 19日
( 2010年 )

ウォークラリー説明会

by nonoshita

今週日曜日、糖尿病患者の会「くすのき会」のウォークラリーが開催されます。

職員のボランティアスタッフが集合し、説明会が開かれました。

  

その日安全に楽しく会が進行するように、クイズ班、写真班、各々担当が

振り分けられました。

天気がいいといいですね~。秋の気持ちいい1日を皆で過ごしたら…

患者さんの参加が多いと、栄養管理科のスタッフが作る美味しい手作り弁当が

今年は職員の分まで足りない…とか。う…ん、残念!ですが。

多くの患者さんの参加をお待ちしていま~す!!