Skip to content

3年連用日誌

by nonoshita on 10月 30th, 2011

嶋田病院は、もう何十年(*_*)でしょうか。前理事長の時から、職員全員に「日誌」を回しています。

3年連用だから、3年前のその日何があったか、こういう人がこんなこと考えていたんだというのが分かりナカナカ面白いです。

その中から、一部抜粋して広報誌「躍進」にも掲載しています。

今日は、ブログへご紹介。広報委員 リハビリ科の田中さんセレクト

「健康手帳」

スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2011年のノーベル生理学医学賞をラルフ・スタインマン・米ロックフェラー大学教授ら3人に贈ると発表しました。

カナダ人の免疫学者ラルフ・スタインマン氏が膵臓ガンで死去したのは9月30日で、ノーベル賞受賞が発表されたのは、その3日後でした。

人間は誕生日後に死亡率が高くなるという社会学者の珍説があるそうです。

米紙の調査では、死亡広告の46%が誕生日から3ヶ月以内に死亡し、誕生日前の3ヶ月に死亡した人は8%であったそうです。

当院も健康手帳を現在配布し運用しています。

「誕生日に検診を!!」が定着していく事を願っています。(職員K) 

From → 広報委員

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する