Skip to content

訪問看護取材の掲載について

by honma on 7月 17th, 2018

本日(2017年7月17日付)の西日本新聞に当院の訪問看護ステーション「ハートフルシマダ」が取材を受け、掲載をされました。西日本新聞の特集記事である「こどもタイムズ」という特集があり、小中学生のこども記者4名が先月来院して貰い精力的に取材を行いました。

まず訪問看護ステーション所長である黒木から、こども記者に対して「訪問看護」とはどのような事をしているのかを説明させて頂きました。

 

その後、利用者さんのご自宅に一緒に訪問。実際に訪問看護をしている様子を取材して頂きました。利用者さんも、たくさんの子供が来た事に非常に喜んで頂き昔話をいっぱいして頂きました。

訪問看護が終わり、また訪問看護ステーションに戻ったうえで実際にどのような看護をしているのかを器具を使って具体的に説明をしました。実際に血圧計を利用してみたり聴診器で身体の中の音を聞いてみたり。聴診器では心臓の音を聞いているのではなく「雑音」を聞いているという事にビックリしていました。

今後は、今よりももっと高齢化社会になっていきます。そこで重要なのは「在宅医療」を上手く使って自分らしい暮らしを行って頂くことが当院では重要と考えています。今回の取材で訪問看護という事を少しでも知って頂けたら非常に嬉しいです。

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する