Skip to content

職員旅行~道後温泉~

by hirayama on 4月 9th, 2016

3月2日~4日まで道後温泉まで職員旅行に行ってきました。
出発時、なんとドクターイエローに遭遇!幸先良いスタートとなりました。

①    耕三寺~未来心の丘
初っぱなから盛り上がりっぱなしのジャンボタクシーでまず向かったのは耕三寺と希望心の丘!その前にタコ飯とアルコールで更にテンションをあげ、いざ観光!
雲一つない快晴の中、太陽の光を浴びながら耕三寺内を散策しました。昔ながらの建物や飾られてあった雛壇に感動したり地獄道中で騒いだりした後は、イタリヤから輸入してきた石で造られたという未来心の丘で記念撮影。みさなん、息ぴったり。
職場でもこの息ぴったり感出したいですね(^^)!

image1 image2 image21 imageⅡ2

(連携室 森智之)

 

②    松山城
ジャンボタクシーの運転手、前田さんと百武君の掛け合いも息が合ってきたところに
松山城へ到着!松山城では、梅の花が咲いていて最高のお天気に恵まれた城見学でした。
お城マニアの私にとってはたまらない!1日でした!(^^)!!

image12image11image13
(認定看護師 池田由美)

③    道後温泉
今回ツアーの目玉である道後温泉です!!旅館もすべて温泉なのですが、 ここまで来たら、道後温泉本館まで行くしかないっ! と浴衣に着替えてLet’s Go!!
戦前に建築された近代和風建築は、重要文化財に指定されるのも頷ける情緒あふれる温泉です。
「千と千尋の神隠し」の油屋モデルと言われる温泉でポカポカになったところで、いざ・夜の宴会突入です。

imageⅡ1image12image42
そして、宴会後も夜の散歩にやってきた僕たち。 とても元気です。イェーイ (^^)v
(経営企画部  田中規差子)

④    毘羅山
二日目は香川県へ移動し、パワースポットの金毘羅山へ
参拝してきました。江戸時代、庶民の旅が禁じられていたとき、
「こんぴら参り」と「伊勢のお陰参り」だけは、庶民が旅する
ことを許されていた特別な場所だったそうです。最も有名なのが
本宮まで長く続く785段の石段です。みんなで竹杖もって
さあ出発!途中で休憩しつつ本宮に到着しましたが、なんと奥社
まではさらに583段(+_+) 今回は時間の都合とみんなの体力の
都合により断念しましたが、参拝と名物の黄色い幸福のお守りを
購入し、達成感と満足感でいっぱいでした。

image14 image26
(放射線科 下河 祐一)

⑤    鳴門クルーズ
3日目は鳴門うずしおクルーズに向かいました。大小様々な
うずしおを直に見ることができ、スタッフ一同感動しました。
途中、百武がカメラを落としそうになるというハプニングを
乗り越えながらうずしおを満喫しました。

image62  image861

(理学療法士 百武大志)

⑥    姫路城
3日目の午後、旅の最後を飾るのは世界遺産にも登録された姫路城です。
まずはその大きさに圧倒されます。しかもただ大きいだけではなく細部には繊細な技術が施され遠近両方で楽しませてくれます。
周囲の景観と相まって醸し出される雰囲気は雄大かつ荘厳。まさに世界に誇る日本の宝でした。旅の疲れと忍び寄る現実にテンション下がり気味のメンバーも疲れを忘れて楽しんでいました。この旅最後の城門突破も無事に決まり一行は博多へと向かいます。

image52 image72 image81

(情報システム科 岩崎聖史)

From → 職員旅行

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する