Skip to content

筑後緩和ケア市民公開講座~ご存知ですか?緩和ケア~

by hirayama on 2月 9th, 2016

1月30日 久留米医師会館で「筑後緩和ケア市民公開講座」が開催されました。
主催は筑後緩和医療研究会で、がん患者の痛みの治療、緩和ケアの向上をめざした活動の一環として開催されました。

講演会の内容は、市民の皆様にわかりやすく知っていただくために、「緩和ケアについて」「緩和ケアチームについて」「在宅緩和ケアについて」と分けて詳しく講演がありました。
当院からも 「筑後地区の緩和ケア病棟の紹介」で緩和ケア病棟医師の西村一宣先生より話がありました。

IMG_6246

「緩和ケア病棟を利用したご家族のお話」で当緩和ケア病棟を退院されたご家族に当時の事を振り返り、お話してもらいました。

IMG_6247

家族が入院されていた頃は、高校一年生だった彼女も今では社会人です。
当時の事を振り返り、緩和ケア病棟で最期を迎える家族の気持ち、母の予後を知り母との思い出を大事に過ごした子供としての気持ちを話して頂きました。彼女の講演を聞き、その大切な時間を一緒に過ごさせていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そのあと、在宅看取りをされたご家族のお話もありました。
家族のあたたかさ、絆を感じる内容で「人には死に逝くための力がある」という言葉が印象的でした。

IMG_6245

今回、市民公開講座に参加し、がんの痛みの治療や緩和ケア病棟・在宅緩和ケア・在宅看取りについて、もっと多くの方に知っていただきたくためにも、啓蒙活動に取り組み、緩和ケアを必要とする方々に提供できるよう頑張っていきたいです。

(緩和ケア病棟 坂本)

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する