Skip to content

臼杵糖尿病講演会

by yuakashi on 4月 6th, 2015

2015年2月9日(月)

大分県臼杵市に行ってきました。
今回は臼杵市医師会立コスモス病院で行われている「臼杵糖尿病講演会」に演者としてお声を掛けて頂きました。
当院から赤司朋之先生、診療支援課の中尾さん、連携室看護師西岡にて講演してきました。
講演内容は赤司先生は「病態から考える糖尿病治療薬の選択」中尾さんは「糖尿病外来診療水準の向上を目指した医師事務作業補助者のアプローチ」西岡は「病院とクリニックを結ぶ糖尿病連携コーディネーターの役割」について話させて頂きました。参加して下さった職種も多職種にわたり、副院長舛友先生からも「こんなに多職種が参加する講演会は初めてです」と言われ、多くの職種の方々に関心を持って頂いた事は、私達3人にとってもモチベーションアップとなりました。
臼杵市では「うすき石仏ネット」という地域医療・介護情報連携システムの運用が開始されていました。高齢化が進む中病院・診療所・薬局・歯科さらに介護施設や訪問看護ステーション・消防署など市民と関わる医療スタッフが連携を図り、質の高い医療・介護サービスの提供を目指されていました。

images

臼杵市は小郡より車で2時間半の場所にあり、フグの美味しい町という事でした。今回は到着が夜という事もあり時間がありませんでしたが、次回はプライベートで行ってみたいと思いました。

(糖尿病コーディネートナース 西岡)

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する