Skip to content

日本糖尿病協会 療養指導学術集会 in 京都

by yuakashi on 7月 23rd, 2014

7月12日、13日に行なわれた、「第2回日本糖尿病協会 療養指導学術集会」に参加してきました。
ポスター発表は75演題ありました。私は地域連携のセッションで「地域全体での糖尿病診療水準の向上を目指した取り組み」を発表しました。当院で行なっている連携パスとコーディネートナースの役割、また地域全体での取り組みについて説明し、多くの質問や意見をいただき、とても関心を持っていただいた印象でした。やはり、病院と診療所での一貫した治療や療養指導が継続されることが合併症の発症、進展予防につながると思います。「顔の見える連携」で診療所との信頼関係を構築することが重要だと考えますので、今後も診療所を訪問しながら、連携のサポート役ができたらと思います。
 今回、1013名の医師やコメディカルが参加し、情報交換や意見交換が活発に行なわれました。多職種のコメディカルと話す機会ができて、すごく刺激になりました。
3時間もあったグループディスカッションも時間があっという間に過ぎてしまいました。

私も今回、学んだことを活かしてまた色々、やりたいことが増えてしまいました(^-^)頑張ります。

そして、最後に懇親会ですごい方々と写真を撮っていただきました!!
一番左は、当院の赤司先生です。そして、日本糖尿病協会理事長・清野裕先生、次回の学術集会の会長・寺内康夫先生、そして、前会長の武田純先生です。こんな方々の真ん中に入れていただき、撮っていただきました。しかも、このシャッターを押していただいたのは佐賀大学の安西教授です(^^ゞ 

そしてもう一枚は、その安西教授と今回の学術集会の渥美義仁先生です。

本などでよく拝見する先生方との記念写真で、芸能人と撮っているくらい、はしゃいでしまったことを反省します^_^;

 
(糖尿病連携コーディネートナース 坂本則子)

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する