Skip to content

避難訓練2013

by hirayama on 11月 25th, 2013

11月20日避難訓練を行いました。

夜間にリネン庫から出火したという想定で、初期消火から患者さんの避難誘導までの訓練を行いました。

火災報知機が鳴り、職員が出火場所を確認して消火器を持って駆け付け、初期消火を行う。

消火器や消火栓による初期消火が難しい場合には、消防署に通報して同時に患者さんの避難誘導を行います。

患者さん役を職員が行い、大声を出して患者さんの誘導と病室からの担送を行いました。

訓練終了後には参加者が集り消防署の方と訓練で気になったところを話し合いしました。

定期的にスプリンクラーや防火扉の点検も行い、火災時の設備の対策は行っておりますが、

パニックになったり慌てて危険な行動を起こすことにないように、日頃からの訓練が必要だと実感しました。

火災の発生場所に応じて、どこに避難させればいいか日頃から避難経路の確認と意識が大切です。

(広報委員 平山)

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する