Skip to content

ハートフルの一日をご紹介します

by yuakashi on 11月 19th, 2013

訪問看護 ハートフル便り第16報

皆様、この所、朝晩は日々冷え込んでいますが、体調などは崩されていませんでしょうか?

さて、私は嶋田病院のハートフル訪問看護ステーションに勤め始めて9ヶ月。日々、所長を始め先輩方にご迷惑をかけながら、頑張っている日々です。
訪問看護ステーションは病院から少し離れた建物であり、普段は利用者様のお宅に訪問で回っているため、なかなか職員の1日の姿がイメージしづらい方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回はステーションでの1日を少しではありますが、皆様にご紹介したいと思います(^^)

1.朝は朝礼の前にみんなで清掃をします。一番働いている車も毎日、拭いています。

2.朝礼の様子です。普段はワイワイしているステーションも1日の始まりはピリピリです。
その日の各自のスケジュールを確認したり、急変した利用者様の状態、変更、キャンセルなどや他の行事、研修会などの確認をしています。

3.9時前後頃にはそれぞれが訪問に出かけていきます。
所狭しに停めてある車もあっという間に出動します。
各自、午前中いっぱいで各利用者を回って、それぞれ帰ってくるのはお昼ご飯時です。

4.日中はガラっとしてる事務所です。今日は所長が留守番をしています。
留守番といっても、他の事業所や近隣の病院などからの電話がひっきりなしです。
その他、利用者様からの相談の電話や、緊急事態などにいつも対応しております。

5.お昼時はみんな事務所に帰ってきて、お昼ご飯です♪
お昼ごはんを食べながら、午前中の利用者様の情報交換やその他の連絡事項を伝え合ったり、午後の訪問への申し送りなどを行います。
貴重な「みんなの時間」ですね。
中には遠方に訪問に出た際は、お昼は帰って来れませんので外でお弁当を頂きます。
そんな時は、朝出たら夕方まで他のスタッフと顔を合わせません。

6.夕方、それぞれ午後の訪問を終えて帰ってきます。1日の出来事を報告したり、明日の申し送りをしたり、事務処理を行ったりと帰ってからもそれぞれ大忙しです。
車もバッチリ揃えて、1日の業務を終了します。

7.日中の業務以外にも、当ステーションでは一部の利用者様に対し、24時間の対応を行っています。
緊急時は担当のスタッフがご自宅まで駆けつけています。

いかがでしょうか?
事務所での業務以外にも、利用者様の日々のケアやリハビリはもちろん、他の事業所の方々と協力しあったり、近隣の主治医の先生方に指示を頂いたり、外での業務も沢山あります。
今回のブログで、当ステーションの1日を少しでもイメージしていただけると幸いです。

これからも、地域の皆様が安心して生活できるよう、地域の病院や事業所と協力して微力ながら頑張り続けたいと思います。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

(ハートフルシマダ訪問看護ステーション 作業療法士 木道 大介)

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する