Skip to content

第6回 専門分野院内研究発表会

by hirayama on 2月 26th, 2012

2月13日、第6回 専門分野院内研究発表会が開催されました。

この発表会は各部署や委員会が日頃の研究の成果や課題への取り組みを発表することで、スタッフの専門知識の向上と問題意識の共有化を図り、質の高い医療を行っていくことを目的として教育委員会主催で毎年開催しております。

今回は10部署より下記の演題で発表がありました。

・3階病棟 「院内肺炎予防のための口腔内点数の目標設定への取り組み」
・ICU病棟 「集中治療室看護師主体の血糖プロトコール管理」
・リハビリテーション科 「消化器外科開腹術患者に対する術前リハビリの介入効果」
・栄養管理委員会 「施設に出向いて行う嚥下評価と指導の試み」
・栄養管理科 「外来患者を対象にした食事付き集団指導への取り組み」

・手術室 「手術室における効果的な体温(保温)保持の一考察~効率的な対策を考えて~」
・診療支援課 「健康手帳の運用に伴う、医師事務作業補助者の取り組み」
・診療情報管理課 「DPC分析をもとにした肺炎の診療プロセスの改善の取り組み~データのフィードバックによる改善効果の検証~」
・臨床検査科 「当院における肺血栓閉塞症・深部静脈血栓症(PTE・DVT)発症背景因子の検討、および予防チェックシートへの提案」
・訪問リハビリ 「当院退院後の訪問リハビリ利用者の現状」

最近は全国の学会に参加したり発表する機会が増えることで、どの部署も取り組むテーマや発表内容が年々よくなってきております。


発表後には質疑があり、医師からするどい質問が出て、皆真剣に答えておりました。

さらに、スタッフラウンジでは口頭発表しなかった9部署がポスターで研究内容を掲示しております。

今後も常に問題意識を持って研究テーマに取り組んでまいります。

(教育委員会 平山)

lCuOLO
No comments

コメントをのこす

Note: あなたのEメールアドレスが公開されることは決してありません。

このコメントフィードをRSSに追加する