Skip to content

2016年08月の投稿一覧

8月 31日
( 2016年 )

鈴虫

by hirayama

夏の終わりから秋にかけて「りーん、りーん」と鈴のような心地よい鳴き声を聞かせてくれる鈴虫。
くろーばーてらすでも、鈴虫がラウンジで涼しげな音を響かせています。

こんな風に生き物の鳴き声に耳を傾ける時間も最近はなかったので、患者さんも私たちスタッフも鈴虫がなく度に「また鳴いてるね」と言葉を交わしています。
自然の中にいるようなそんな気持にさせてくれる音ってすごいですね。

suzu

しばらく、この音で涼しさを感じようと思います。

くろーばーてらす 牟田・寺戸

8月 10日
( 2016年 )

花火鑑賞

by hirayama

暑い日が続いています。熱中症や夏バテにならないように水分補給をしっかりして体調管理に気をつけましょう。
8月6日には地元の小郡花火大会が開催されました。

花火

IMG_7361

病院の5Fラウンジから花火が見えます。
恒例の患者さんやご家族との花火鑑賞をしました。

IMG_7374

またラウンジではたこ焼きを焼いて、花火を見ながらおいしくいただき、夏のひと時を過ごしました。

8月 6日
( 2016年 )

緩和ケア市民公開講座

by hirayama

8月6日に嶋田病院にて「もっと身近に緩和ケア~もしものために、困らない、つらくないために~」というタイトルで市民の方々に向けて講演を行いました。

IMG_7267

第1部:「よく分かる!緩和ケア」
講師:緩和ケア病棟医師 西村一宣 先生

第2部
①「緩和ケア病棟でのかかわり」
講師:緩和ケア認定看護師 田中諒子さん

②「緩和ケア病棟で過ごされたご家族のお話」

このような内容で講演をしていただきました。

緩和ケア病棟の実際の医療ケアについて知りたい、家族としてどのようなケアをしていけばよいか知りたいという思いで参加された方が多かったです。

IMG_7279

アンケートでは「患者さんの家族の話が聞けたことが良かった」「家族がもしも必要があればこういう場所が近くにある事に安心できた」「緩和ケア外来というものを初めて知った。周りの方にも勧めたいと思った」「緩和ケア病棟を利用された家族のお話が身近に感じた」
というコメントを頂きました
緩和ケアと聞いてもピンと来ない方も多いのではないかと思います。自分らしい生活が送れるように、地域の方々に伝えられる機会をもちながら、緩和ケアについて知っていただきたいと思っております。

(緩和ケア病棟 田中諒子・寺戸沙織)