Skip to content

2014年07月の投稿一覧

7月 19日
( 2014年 )

夢HANABIを応援

by nonoshita

平成26年8月2日(土)に予定されています「小郡 夢HANABI」に、今年は嶋田病院も協賛させていただきます!

5階ラウンジから、緩和ケアの患者さんやご家族の方と一緒にたこ焼き作りながら見たのはいつだったか…。

7月7日月曜日、七夕ですがあいにくの雨。そんな中実行委員の皆様の募金活動のお手伝いに行ってきました!

月曜日、あいにくの雨…人も少なかったのですが。。。

みんなで大きな声で呼びかけました!

きっと8月2日土曜日の小郡の夜空には、皆様の善意のキレイな花火が打ちあがることでしょう♪

きっと、晴れます★★★

(診療情報管理課 野々下みどり)

7月 18日
( 2014年 )

ARROWSニュースレターに

by nonoshita

ARROWS(DPC分析ソフト ニッセイ情報テクノロジー社)の毎月のニューズレターに、先日(6月28日)のワークショップの様子を掲載いただきました。


ちょっと照れますが…。
友人の病院にも届いたようで、フェイスブックにもアップしてくれていました…。

恥ずかしくないように、精進します

(診療情報管理課 野々下みどり)

7月 17日
( 2014年 )

~音楽会~

by hirayama

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

緩和ケア病棟に実習に来ている学生主催のお茶会。
今回の実習生で最後になります。色々と感がえて来てくれています。
今回は、学生さんが音楽会♪
自分たちの特技を披露して下さいました(*^_^*)

とても体が柔らかく、きれいなY字バランス!

沖縄の楽器、太鼓(パーランクー) 曲に合わせて踊りながら披露

ピアノ演奏3曲♪アンコールに負けて何曲か演奏してくれました。

患者さん、ご家族も穏やかにゆったりとした時間を過ごされていました。
学生さん達、とても緊張していましたが素晴らしい音楽会をして下さいました(^o^)丿

(緩和ケア 牟田)

7月 16日
( 2014年 )

集合写真撮影2014

by hirayama

6月30日、東館屋上にて1年に一度の恒例行事である、職員集合写真を撮影しました。

昭和50年から続いている撮影会で、今回で40年目の集合写真となりました。

これまでの集合写真は全て研修室に掲示してあります。ずらりと並んでいる写真を見ると歴史を感じます。

日中に全職員が一堂に会するのはなかなか難しいかと思いきや、毎年のことなのでさすがにみんな慣れた様子で、現場に居残りの職員を残してほとんどの職員が集まって、集合から撮影までわずか10分程であっという間に終了しました。

職員数が450名を超え、当日勤務している職員だけでも300名近くおり、その中で撮影に参加している職員の数は200名を超えていると思われます。

今後、東館は建替えで取り壊すので、東館の屋上で撮影するのは今回が最後となりました。
記念の一枚となりました。今年撮影した写真は総合案内に掲示しております。

7月 15日
( 2014年 )

接遇研修

by hirayama

6月18日、19日 接遇研修を行いました。

接遇講師の雨宮惠美先生をお招きして、基本から応用までの接遇研修を行いました。

雨宮先生は話し方や動作が丁寧で、ご一緒させて頂くだけでも勉強になるほど素敵な先生です。

講義では、「患者満足度について」、「言葉遣い」、「マナー」、「接遇応対の実践」を学びました。

そもそも、なぜ病院で接遇が必要なのでしょうか?
レストランやデパート等、通常のサービス業の顧客の気持ちは「楽しみ」「うれしい」などのプラス要因ですが、病院に来る患者さんは「病気かもしれない」「痛い」などのマイナス要因の気持ちでいっぱいです。
そんな患者さんに、少しでも安心感を与えたり、精神的苦痛を軽減したりするためにはスタッフの対応が重要です。そのため「接遇」は欠かせないものだと考えています。

接遇研修を受けて日頃の業務で実践し、職員の皆さんが接遇を大切に考えて頂くことが私の目標です。

「嶋田病院の人のあいさつはいいね~」「いつもニコニコして感じがいいね~」とおっしゃっていただけるような対応を目指して、今後も頑張ります。

(接遇委員 井口)

7月 14日
( 2014年 )

7月5日地域ミーティング

by nonoshita

久しぶりに地域ミーティングのレポートです。

平成26年7月5日土曜日に、日本診療情報管理士会の「地域ミーティング」を当院で開催しました。

学会発表や論文作成に向けた取り組みに加えて、日頃の仕事や取り組みについても情報交換をしております。

頑張った「成果」を「数値」で評価する!

リラックスしながら、ミーティングしております。

診療情報管理士の方の参加お待ちしております

(診療情報管理課 野々下みどり)

7月 12日
( 2014年 )

沖縄☆三線☆

by hirayama

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

緩和ケアに実習で来ております看護学生さんがイベントを開催してくれました。

暑くなってきたこの時期にぴったりの沖縄を代表する楽器である、『三線』で
涙そうそう♪を歌ってくれました。

三線の音色を聞き、沖縄の青い海が頭に浮かび、流れるような時間を過ごすことができました。

恥ずかしそうに歌う学生さんの初々しい姿を見て、患者さんも孫を見ているように温かく見守られ、「もっと聞きたかった」と穏やかな表情で話されていました。

そして最後に手作りプレゼントも用意してくれました。

なんと、皆で4つ葉のクローバーを探しに行き、作ってくれたようです。

1人1人の思いの詰まったカードに患者さん皆さん感激されていました。

素敵な演奏と歌声とプレゼントありがとうございました。

(広報 牟田・寺戸)

7月 11日
( 2014年 )

介助食器の紹介~バネ付き箸~

by hirayama

骨折や麻痺により、箸やスプーンが持ちにくくなった患者様に様々な介助器具、介助食器を使用しています。
今回は介助食器のバネ付箸を紹介をします。

箸では手を安定させて補助を行うような形状となっています。

左右それぞれを準備していますので、骨折などにより利き手が使えなくなった場合にも、もう一方の使い慣れていない手での箸の使用が可能です。

患者様に自分の力で美味しく食事を食べて頂けるよう、今後もこのような食器・器具、食事形態などの工夫を行っていきます。

(栄養科 管理栄養士 古賀)

7月 10日
( 2014年 )

~看護補助者(CW)研修~

by hirayama

「安全・安楽な移乗介助をマスターしよう」 というテーマで看護補助者研修を行いました。

同じ内容の研修を2回行ない、ほぼ全員が参加しました。

グループワークや演習が中心だったので、頭も身体も使う研修となりました。

日頃、頻回に行なっているベッドから車椅子への移乗介助・・・

今まで以上に、患者さんに「安全」で「安心感」を与えられる技術を研修から学べたと思います!

(看護部 迫田)

7月 9日
( 2014年 )

DPCデータ分析ワークショップ開催

by nonoshita

平成26年6月28日土曜日

DPCデータの分析ソフトARROWS(ニッセイ情報テクノロジー社)の九州沖縄ユーザに呼びかけて、企画したワークショップが無事に終わりました。

長崎、熊本からもお越しいただき、13時~17時までの時間ディスカッション、意見交換を行いました。

 

皆さん真剣に、課題に取り組んでいただきました!

多くの方から「学び」を得て、一緒にステップアップしていきましょう!

次回は10月4日を予定しております!

是非、関係者の方、ご参加お待ちしております(^_-)

(診療情報管理課 野々下みどり)