Skip to content

2013年06月の投稿一覧

6月 29日
( 2013年 )

ニュージーランド留学体験記〜No2〜

by akashi

〜物を大切にする文化〜

ニュージーランドに住んで最も深く感じたことは、みな物を大切にするという点でした。
とにかく使えるものはとことん使い尽くします。
まずは食べ物に関して。調理過程で出てくる野菜の皮や種・食べ残しといったものは全て家の裏のコンポスト(肥料)ボックスの中で乾燥され、畑にまかれます。間違ってゴミ箱に入れてしまうとホストファザーに怒られ仕分けさせられます。
ある時家で髪を切った際に、「庭にまいておいて」と言われた時にはさすがに驚きました(笑)。
街では毎週末に“サンデーマーケット”と呼ばれるフリーマーケットのようなものが開催され、洋服や小物、キッチン雑貨から何に使うのかよくわからないガラクタまでとにかく用済みで再度使えると判断されたものは、何でも売りに出されます。
私もホームスティをしていた頃は朝8時に一家の車に乗り込み、$3や$5($1=¥80)の服をハンティングしに行くというのが日曜日の日課でした…おかげで帰国後はなかなか洋服を買うことができません(涙)…。
家電や生活用品はとにかく使えなくなるまで使うのが現地のルール。
私が使用していた掃除機は祖父の家でも見たことのない、背中にからう10㎏くらいありそうな年代物でした。
壊れてしまってもまずは修理。家の修理や塗装も自分たちで行います。
電力や水に関しても同様であり、シャワータイムは10分以内、就寝時は湯たんぽを使用する、インターネットは動画を避ける・・といった徹底ぶりでした。

いつでも何でも新しい物が不自由なく、際限なく手に入る日本。
それは非常に恵まれた環境ですが、物を大切にするという意識が薄れてしまっているような気がしました。
物を大切にすることで自分自身も豊かな気持ちになることが出来たので、日本でもみながそういった意識付けができていけばいいなと思いました(^^)

写真1:サンデーマーケット。大盛況です!!

写真2:冬を乗り越えるため(意外と極寒なんです)必須のマキ割り〜リビングルームの暖炉用です。

写真3:NZといえば・・そう、羊です☆

次回は私の本職である(!?)食べ物について紹介させていただきます☆

(栄養科 馬場)

6月 28日
( 2013年 )

6月8日糖尿病教室

by hirayama

6月8日土曜日、毎週開催の糖尿病教室。

この日は、小島医師による「インスリン療法とシックデイ・ルール」についての講義がありました。

『 シックデイ 』 というのは、糖尿病のある方が治療中に発熱、下痢、嘔吐など他の病気を起こされ、また食欲不振に陥り食事が出来ない時のことを指します。シックデイには、特別な注意が必要になるため、日頃から、それについて知っておく必要があります。

参加された方みなさんが真剣に講義に耳を傾けらていらっしゃいました。 

今回初めて参加された方が積極的に質問され、また何回も受講されている熱心な方からも多くの質問があり、糖尿病と戦われている姿がみられました。

いつもより参加者も多く、先生もいつも以上に講義に熱が入っていたように感じました。

(糖尿病プロジェクト リハビリテーション科 主任 明星伴則)

6月 27日
( 2013年 )

テラスの朝顔♪

by hirayama

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

朝一番に、テラスで素敵な笑顔の患者さんが手招きです(*^_^*)

外に出てみると、テラスの朝顔が咲いていました。

季節的には少し早いような感じもしますが・・・。
毎年、テラスで夏を感じさせている琉球朝顔です。

5月末に植えた朝顔の種もスクスクと育ち双葉まで成長していました。
ブルーベリーの実も大きくなってきています。

くろーばーてらすのテラスですが、今後、新しくなっていく予定になっています。
四季折々の花を感じて貰い、患者さん・家族の憩いの場となれると思います。
また、お知らせをしていきますね♪

(広報委員 牟田)

6月 25日
( 2013年 )

第15回「感染対策カンファレンス」

by nonoshita

平成25年6月14日(金)18時45分より、新古賀病院付属研究棟にて行われた第15回「感染対策カンファレンス」に参加してきました。

一般講演で、当院の集中資料室部長の福田顕三先生が座長を務められ、演者として感染対策室室長の堀内貴尋看護師が発表をされました。

感染対策のデータに少し関与している関係で、興味津々で行ったのですが、とても楽しい時間でした。

特別講演は東邦大学医学部の舘田教授の「話題の耐性菌と新しい抗菌薬療法の可能性」についてでした。

まだまだ奥深く勉強不足を感じました。

病院の中で重要な領域ですので、少しでもサポート出来るように勉強頑張ります!

(診療情報管理課 野々下みどり)

6月 24日
( 2013年 )

H25年度看護部総会

by hirayama

6月15日に看護部総会を開催しました。
毎年春に総会を開催し、各部署の取り組みや実績、目標の共有を行うことを趣旨に開催しています。

看護部は5月1日現在、238名と病院内で最も大きい組織です。

看護部長より、今年度の看護部のスローガンは、受け身からの脱却…「他律から自律へ」を掲げられました。

H25年度の看護部目標は
1.安全で良質な看護を提供
2.専門職としての資質の向上 
3.看護の収益性を数値で把握し病院経営への参画
の3本柱の取り組みとなっています。
総会では、各部署、各委員の代表者が平成24年度のBSC目標に対する実績評価と、平成25年度の病棟目標を発表しました。

各部署とも、現状と課題を分析し今年度の目標を明確にしていました。その中で、どの部署も人材育成についての目標を挙げており、看護の専門職として、安全で良質な看護提供をするためにスタッフ教育の重要性を示していました。

スローガンにもある「他律から自律」は、自らがしっかりと考える力を身につけて行動することであり、目標による自己の管理をすることにも繋がると思います。
私たちリーダーが、目標管理を行う際に重要な事は、「目標の明確化」、「現状把握・分析」、「現状から目標達成へのプロセス」をスタッフ一人ひとりが理解し行動できるよう支えることが必要だと考えます。

総会を通し、各部署や委員会の活動の現状を理解し、看護部目標に向かって個人がどう進んでいるのかを再認識することで、看護部目標の共有化ができたと思います。
今年度も看護部は、一人ひとりの力で育ち育て合う職場づくりをめざし取り組んでいきたいと思います。
                                        
看護部長からの総括の中で、BSC重点課題を4つの視点から具体的に示され、私たちが取り組むべき看護活動が明らかとなりました。
また、看護部の職員満足度の推移から、働きやすい職場に確実に進んでいることが示されました。

副部長からは教育委員会の活動報告として、研修参加実績、PNS(パートナーシップナーシングシステム)の経過と成果…等々の内容でした。
また、自己学習による学びの特徴について話されました

医療安全室長からは、医療安全報告書からの様々な分析結果報告がなされました。

各部署が、病院理念・看護部理念から繋がる自部署の具体的な目標を真剣に発表していました。

院長先生も参加していただきき、日頃の看護部の取り組みへのご理解と看護部長が示された、スローガン「他律から自律へ」に対して賛同していただきました。

最後は、みんなが参加してのゲームで盛り上がりました。

(看護部 ICU師長 栗木)

6月 22日
( 2013年 )

ハートフルのパワースポット

by akashi

訪問看護 ハートフル便り第12報

梅雨入りしたものの、しばらく晴天が続き、梅雨はどこへいったやら、と言う日が続いていましたが、今週は雨が振り出し梅雨らしくなってきました。
先日、訪問させて頂いている利用者様のお庭で、こんな素敵な景色が見られましたので、紹介します。
素敵な木漏れ日でしょう!

病院から、車でわずか5分の所です。

(訪問看護ステーション 寺尾)

6月 21日
( 2013年 )

下肢静脈瘤の特集が掲載

by hirayama

4月19日(金)朝日新聞朝刊に下肢静脈瘤の特集が掲載されました。
記事は、お茶の水血管外科クリニックの広川先生が下肢静脈瘤と日帰り手術について書かれたものです。


 
そこに当院の広告を掲載したしました。
レーザー治療PJのワッペンもちゃっかり載せてアピールです。
 

多くの方に嶋田病院の血管外科治療をご案内できればと思います。

 
 下肢静脈瘤レーザー治療実績

 

 (下肢静脈瘤レーザー治療PJ・経営企画部  田中規差子)

6月 20日
( 2013年 )

「実習前の心得」非常勤講師

by nonoshita

みやま市にある保健医療経営大学にて、「実習前の心得、接遇について」という内容で、6月12日水曜日午前中、非常勤講師を務めてまいりました。

去年初めて講師をさせていただいて、、、今回も恐縮ですが依頼をいただき行ってきました。

実習先で、そしてその後働く病院の中で、必要とされ愛される人材になるために、私が感じていること、知っていることを話をしてきました。

接遇は人に教えられるような程度ではないのですが、熱い「思い」は伝えてきたつもりです。

何かしらの役に立ったならいいな、と思うと同時にまだまだ自分自身も鍛えないとダメだな。。。と感じた時間でした。

(診療情報管理課 野々下みどり)

6月 18日
( 2013年 )

4階病棟マンスリー勉強会 

by hirayama

4階病棟では今年に入ってから月1回の勉強会を行っています。

A・B・Cと3チームに分かれているのですが、特にAチームはHCUもあり重要度が高い患者さんが多く、

急性心不全や呼吸不全、人工呼吸器装着中の患者さんや術後の患者さん等を診ることも多いため、

幅広い知識が必要とされます。

そこでチーム全員が疾患の病態生理から術後の管理、呼吸器管理方法等、知識を深めるために、

Aチームの勉強会が始まりました。

呼吸器チームの師長や主任が講師となって資料を用いて、パワーポイントで説明しています。

まだ今年始まったばかりではありますが、チームとしての成長にもなり、個人の知識向上にも繋がるため、

更なる学習を深めてきたいと思います。

(4階看護師 椿)

6月 15日
( 2013年 )

ホットケーキ

by hirayama

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

梅雨になりとってもジメジメした季節がやってきました。

そんなジメジメを吹き飛ばそうと、病棟ではレクリエーションとして、お菓子を作ったり、折り紙をしたり、患者さんの趣味活動を考慮して、患者さんの体調に合わせて色々な活動を行っています。
今月はホットケーキ作りを行いました。

ひっくり返すのもお手のもの(^-^)こんがり焼けました☆


とっても素敵な笑顔(^_^.)
おいしい楽しいひと時でした☆☆☆

(※写真の掲載についてはご本人の許可を頂いております)

(広報委員 寺戸)