Skip to content

2013年02月の投稿一覧

2月 28日
( 2013年 )

第7回 専門分野院内研究発表会

by hirayama

2月18日、第7回 専門分野院内研究発表会が開催されました。

この発表会は各部署や委員会が日頃の研究の成果や課題への取り組みを発表することで、スタッフの専門知識の向上と問題意識の共有化を図り、質の高い医療を行っていくことを目的として教育委員会主催で毎年、年1回開催しております。

今回は18部署より抄録の提出があり、院内で審査を行い、9部署を選んで発表会を行いました。

発表演題は以下の通りです。

・臨床検査科 「当院における脳梗塞と非脳梗塞者の頸動脈エコーについて」
・栄養管理委員会 「従来の栄養管理活動の幅を今年度より超急性期まで広げたことがもたらした効果」
・薬剤科 「当院における医療用麻酔使用と廃棄の現状」
・ICU 「ICUリハビリプログラム改訂後の効果と今後の課題」
・放射線科 「胸部CT撮影時の息止め困難な患者に対する呼吸性アーチファクト低減の試み」
・診療支援課 「業務改善による医師事務作業補助者の成果報告」
・糖尿病プロジェクト 「循環型糖尿病連携パスにおけるコーディネートナースの役割」
・4階病棟 「4階病棟における転倒対策と今後の課題」
・リハビリテーション科 「歩行でのトイレ移動の関わり方が在棟日数・運動機能・認知機能に及ぼす影響」

どの部署も業務の問題点や課題について問題解決や改善に取り組む様子が研究テーマや発表内容に表れておりました。
今後も常に問題意識を持って業務改善につながるように取り組んでまいります。

(教育委員会 平山)

2月 27日
( 2013年 )

糖尿病教室

by nonoshita

毎週土曜日に、行われている「糖尿病教室」。

2月16日健康教室委員会の開催後、隣の会議室をのぞいたら行われていました。

たくさんの方が参加され、熱心に聞かれていらっしゃいました。

どのプロジェクトも委員会も頑張っていますね~。

負けられません(笑)

情報をたくさん出して、多くの人に伝えていきたいですね!

糖尿病教室の日程はこちら

2月 26日
( 2013年 )

脳卒中 ~素早い受診で早まる復帰~

by nonoshita

2月16日土曜日本年度最後の健康教室を開催しました。

今回のテーマは、「脳卒中 ~素早い受診で早まる復帰~」

講師は、当院神経内科の藤野泰祐医師でした。

60名以上の方の参加で、大盛況で終えることができました。

脳梗塞について分かりやすく説明され、兆候があった時は、とにかくすぐに受診を、というメッセージは参加者の皆様に伝えられたのでは、と思います。

土曜日午後はお休みの藤野先生でしたが、講師を引き受けていただきありがとうございました。

まだまだ寒い2月の土曜日、参加してくださった皆様にも感謝です!

講演の後は、理学療法士・健康運動指導士のリハビリテーション科科長の梅田 淳子さんによる「健康体操」。

一緒に体操していると、ポカポカ体もあったまってきました!

健康教室の後の委員会で、次年度の計画も概ねたてました。

どうぞ、皆様今後も是非ご参加お待ちしておりま~す。

参加は無料です。どなたでも参加できます。是非ご参加ください。

2月 25日
( 2013年 )

レーザープロジェクトのワッペン完成!

by nonoshita

石原先生を中心に結成された、下肢静脈瘤に対するレーザー治療のプロジェクトチーム。

構成メンバーは、多職種で、部署も異なるため、おそろいのワッペンを作成しました。
歩く広告、広報活動の一環として、また、チーム一丸やスタッフのモチベーション向上という思いも込めて・・・

そのワッペンが完成しました。スタッフは、制服に早速つけています!

年間100例の治療を目標とし、実績をつけ、患者さんに安心して治療を受けて頂きたいと思っています。

足の浮腫(むくみ)、足がかゆい、足が痛い、足がだるい・重い、見た目(足の血管がこぶのようにふくらんだり、浮き上がってみえる)(足に茶色や黒っぽいシミができた)、こむら返り(足がつりやすい)などなど症状がある方は一度、石原先生の専門外来を受診しませんか?

ワッペンをつけているスタッフ(でなくても、大丈夫です★)に、是非お気軽に声をおかけください!

(レーザープロジェクト 診療情報管理課 柴田加代子)

2月 23日
( 2013年 )

岩手医科大学での講演

by hirayama

1月24日に、岩手医科大学で行われた第14回チーム医療研究会で講演させて頂きました。
講演の内容は、小郡・大刀洗地区全体で行っている糖尿病医療連携についてです。
コーディネートナースという新しい職種を設けて開始したこの連携は、糖尿病の診療水準を、日本で一番高い地区にしよう!
という目標に向かって、各診療所の先生方や看護師さんと一緒に6年前から取り組んできました。
その結果、地区の糖尿病性腎症からの透析導入人数を抑制するという、大きな成果を出すことができました。
講演後は、会場からたくさんの質問を頂き、是非、岩手でもこのやり方を取り入れたい、と言って頂けました。

さて、講演の翌日、珍しく時間が少し取れましたので、花巻空港の近くの、宮沢賢治記念館に立ち寄りました。
雪が積もってきて、やっとのことで山の上の記念館に到着しました。
館内はそう広くなかったのですが、沢山の原本や、作品をビデオ化したものが展示してあって、あっという間に時間が過ぎました。
宮沢賢治が人造宝石を作ろうとしていたことや、菜食主義であったことなども初めて知ることができました。


そのあとは、隣にたっている山猫軒というレストランで食事をしました。
あの「注文の多い料理店」をモデルにしたレストランです。
服を脱いで、体に塩をすり込んで、やっと入店できるこの店は
(嘘です)、

太った人や、若い人は大歓迎のようでした(本当です)。

山猫すいとんセットを食べて、無事に店を出て、帰路に着きました。

以上、今までで一番遠くでの講演のご報告でした。
益々仕事に意欲が湧いている今日この頃です。

文責:赤司 朋之

2月 22日
( 2013年 )

日本臨床微生物学会総会参加報告

by hirayama

~ メインテーマ 多剤耐性菌への挑戦 ~

2月2日、3日にパシフィコ横浜にて第24回日本臨床微生物学会総会が開催され参加しました。


(パシフィコ横浜)

日頃から職場で対象としている微生物のことを少しでも知りたいと思い参加しました。

自施設で細菌培養を行っている施設の参加が多く、検査方法など分からないことも多かったのですが、日本における耐性菌の発生状況や病院感染をいち早く見つけるための考え方など参考になることも多い学会でした。

微生物の特徴を知り、臨床の場で正しい判断が出来るよう今後も学んでいかなければならないと改めて思い、いい刺激になりました。

(感染管理認定看護師 堀内)

2月 21日
( 2013年 )

バレンタインデー

by hirayama

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

2月14日はバレンタインデーでしたね。
日本で一番チョコレートが消費される日だそうです。

病棟では2月8日金曜日に病棟行事が行われました。
今回の行事のテーマは、バレンタイン♪
ということで、チョコレートを使ったお菓子のお茶会となりました。


*チョコプリン


*ハート形ホットケーキ

*チョコホットケーキ

*ホットチョコレート

チョコプリン以外は、スタッフ手作りのお菓子です。


ハート形のマシュマロや、イチゴとバナナを添えて(*^_^*)
患者さん、ご家族もラウンジに出てこられ、甘い香りの漂うほっこりした雰囲気。

「ホットチョコレート、初めて飲んだよ~美味しかった~」
と笑顔が見られご家族とのお話も弾んでいるようでした。
スタッフもその姿にうれしくなり、あたたかいお茶会となりました。
スタッフも一緒に試食しましたが、美味しかったです(*^皿^*)

(広報委員 山形)

バレンタインデーのチョコレート、病院内あちらこちらで見かけました!

2月 20日
( 2013年 )

2月診療技術部勉強会

by hirayama

2月8日、毎月定期的に行っている診療技術部の勉強会がありました。
業務終了後にも関わらず、各科より多くの職員が集まり、真剣に話しに聞き入っていました。

今日の内容は、放射線科より「骨密度測定について」と医療安全対策室より報告・発表がありました。

 現在、日本は高齢化社会であり骨粗鬆症の方が増加し、リハビリテーション科でも骨折された方のリハビリを実施する機会が多くなっています。そのため、骨密度検査に関する発表はとても参考になるものでした。

 また、医療安全に関しては、患者様に安全なサービスを提供するための基本的な知識を再確認する機会となりました。

 勉強会では新しい知識を身につけることが出来たり、思いがけない発見もあるため、毎月楽しく参加しております。

(作業療法士 末次)

2月 19日
( 2013年 )

良い習慣をつける努力

by nonoshita

「院長メッセージ」

「良い習慣は身に付きにくく、悪い習慣にはすぐ染まる」ということわざがあります。

習慣は、「習って慣れる」というように努力して、同じことを何百回も繰り返して、体が覚えるものです。究極には、無条件に体が反応するようになることだと思います。

良い習慣が身につけば、仕事はスムーズに進めることができ、他人にも迷惑をかけることも減るはずです。小さなことでもその積み重ねを怠ると、組織は衰退していくと思います。職員のみんな、やるべきことをきちんと行う習慣を身に付けるための努力を惜しまずにやってください。

先日より、HCU病棟のスタッフを勉強会を始めました。1回目は近藤主任が「呼吸管理法」について、講義をしてくれました。

難しい話もありましたが、根拠に基づいた看護治療を行うことを確認しあいました。

最初は時間がかかっても、きっと1年後には無意識にそのような看護治療ができるスタッフになっていることを期待しています。

院長 島田 昇二郎

2月 18日
( 2013年 )

心を高める、経営を伸ばす

by hirayama

〜三年連用日誌より〜

先日、院長より全職員に、稲盛和夫著「心を高める、経営を伸ばす」~素晴らしい人生をおくるために~ という本が贈られました。

読書は好きなのですが、あまり手に取ることをない分野の本でしたので、非常に考えさせられることが多く一気に読んでしまいました。

院長が、常にスタッフ研修等で言われている言葉が詰まっている本でした。

これからも困難に当たった時には読み返し、自分の人生をよりよく進んで行きたいと思います。

(情報システム課 本間)