Skip to content

2012年12月19日の投稿一覧

12月 19日
( 2012年 )

第100回 地域医療連携講演会

by hirayama

11/26(月)、毎月行っている地域医療連携講演会が第100回目を迎えました。

今回は「2012年創立50周年を迎え、嶋田病院のあゆみとこれからの地域医療の実践」と題し、当院の島田病院長が講演されました。

地域の先生方もこれまで以上にご出席いただき、参加人数は過去最高の79名となりました。

講演の前半はこれまでのあゆみ(日本病院機能評価受審、海外(国内)病院視察研修、地域医療支援病院認可)を一つずつ振り返りながら、「絶対に断らない医療」を実践し続けていくことが、地域の先生方との信頼関係を構築し、地域住民が安心して暮らしていけることに繋がると話されていました。

講演の後半はこれから目指す地域医療ということで、機能分化(地域における医療機関の役割の明確化)と連携の重要性を掲げ、在宅医療の推進や多職種参加のチーム医療、疾病予防への取り組み等について話をされました。

今回の講演会は、高齢者医療が進む中での地域医療のあり方について考える良い機会ではなかったかと思います。
第100回といってもまだまだ通過点。これから第200回、第300回と継続できるようにしていく予定です。

(広報委員 鑓水)