Skip to content

2012年12月の投稿一覧

12月 31日
( 2012年 )

お正月の準備

by hirayama

本日は大晦日です。早いもので2012年も本日で終わりとなりました。

明日からはまた新しい1年の始まりです。

当院の玄関でも門松を立てて新年を迎える準備が出来ております。

おかげさまで、当院は今年50周年を迎えることができました。皆さまに感謝しております。

皆さんにとって、今年はどんな年だったでしょうか?

年末、年始はずいぶん寒くなる予報が出ております。

体調を崩されないように、お気をつけてお過ごしください。

今年1年当院をご利用いただきました皆さまありがとうございまいた。

来年もよろしくお願いします。

12月 30日
( 2012年 )

ハッピーなご報告 総集編 2012

by akashi


本日は、ブログ未発表の今年結婚したスタッフを総集編でお届けします。
ステキな笑顔の写真を見ているだけで、幸せのおすそわけに預かれそうです!
新しい家庭を築かれた皆様、どうぞ末永くお幸せに。
そして良いお年をお迎えください。


リハビリテーション科:大江田(旧性:廣瀬)


リハビリテーション科:林(旧性:永江)


リハビリテーション科:北島(旧姓:相島)


医事課:井口(旧姓:川口)

看護部:村山 (旧姓:西村 )


看護部:和田(旧性:守田)


看護部:井上(旧姓:吉直)


リハビリテーション科:石口


看護部:彌吉


みなさんお幸せに。

12月 29日
( 2012年 )

冬の景色

by akashi

訪問看護 ハートフル便り第6報

先日、冬至を迎え、一段と寒さが増している今日この頃です。
12月24日には 雪も ちらほら。
冬本番。 本格的な寒さ到来です。
私たち 訪問看護ステーションのスタッフも
この時期は、寒さとの戦いです。
厚手の羽織ものや 何枚も重ね着をして、
訪問へ出掛けてゆきます。

訪問へ伺う利用者様のお宅への道中の景色も
すっかり冬めいています。
通る畑の風景も 春夏秋冬 それぞれの風貌をみせてくれます。
今の時期は、白菜やほうれん草、大根 などが植えられています。

これから、小寒 大寒 と より一層 寒さが増していきます。
冬の景色を楽しみつつ、寒さを乗りきっていきましょう!

  (訪問看護ステーション 作業療法士 佐野奈都美 )

12月 28日
( 2012年 )

緩和ケア病棟 クリスマス会

by hirayama

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

12月21日 緩和ケア病棟のクリスマス会でした♪

スタッフはサンタ仕様のエプロンと帽子を身にまとい、気分を盛り上げます。
患者さん、ご家族にもパーティー使用の帽子をかぶっていただきました。
ラウンジの飾りつけもバッチリです!(^^)!

毎年恒例、スタッフによるハンドベル演奏♪♪
今年は2曲披露(^O^)/
途中、ベルの音が足踏みしてしまうこともありましたがご愛嬌(^皿^)☆

そして、今年はバイオリンを習っているスタッフがいるということで、ピアノが上手なスタッフと一緒にバイオリン&ピアノの共演となりました。

その後、栄養科のみなさんのご協力によりデザートタイムとなりました。
今回は…
●ブッシュドノエル
●クリスマスケーキ

いちごのサンタさんに、お菓子の家に☆★
見た目に可愛く、そして美味しいと大好評でした(*^^)v

途中、お見舞いに来ていたお孫さんが、飛び入りでドラえもんの歌をかわいく披露してくれる場面もあり(*^。^*)
和気あいあいとした雰囲気で会は進みました。

そして、お部屋に戻った皆さんにサプライズ☆★
先生サンタがお部屋を周り、看護師さん手作りの写真立てに今日の記念のお写真をそれぞれに入れてプレゼント☆彡
まさかのプレゼントに患者さん、ご家族ともにびっくりされていました。

「何で先生が来たのって思ったら。まさかこんなことまでしてくれるなんて…嬉しい~」
「今年はクリスマスは無しかなって思ってたから。美味しいケーキに、コーヒーももらえるなんて。いいクリスマスをしてもらいました~」
「みなさんお仕事もあるのに、この日の為に練習してくれるなんて嬉しいね。よかったよ~」
などなどの声が聞かれました。

それぞれに素敵な笑顔がみられ、スタッフも嬉しくなったのでした(*^_^*)

(広報委員 山形)

12月 27日
( 2012年 )

認定看護師による地域の勉強会

by hirayama

11月30日 当院研修室にて第3回嶋田病院認定看護師セミナーを開催しました。
今回は、皮膚・排泄ケア認定看護師による「高齢者のスキンケア」の講義でした。

講義を受講された方々は地域で働いている介護施設や療養型病院のスタッフの方です。
皆さん業務上、日常生活において高齢者に関わる事が多い職業であるため、少しでも多くの知識、技術を学んで施設で活用して頂くこと、スキンケアに興味を持って頂くことを目標にして講義を行いました。

業者の方にも協力して頂き、スキンケア用品のサンプルの提示や参加者に実際に使用して頂き使用感を感じてもらいました。

終了時にアンケートを書いてもらいましたが、その中には「講義の時間をもっと長くしてほしい」「褥瘡の事等いろいろな事が知りたい」などとても積極的なや る気のある意見が多数見受けられました。今回のアンケートを参考に来年もいろいろな勉強会を開催し、たくさんの知識、技術が提供できるように私たちも頑 張っていきます。

(皮膚・排泄ケア認定看護師 池田)

12月 26日
( 2012年 )

DMユース佐賀患者・家族会の集い

by akashi

11月の糖尿病月間に伴い、11-12月のブログは糖尿病関連のニュースであふれていましたが、本日が、いよいよ今年最後の糖尿病ニュースになりそうです。
糖尿病内科 小島基靖医師が、第2回 DMユース佐賀患者・家族会の集いにて講演を行いました。

11月25日 「NPO法人DMユース佐賀 1型糖尿病患者・家族の集い」で講演会を行いました。

DMユース佐賀は、佐賀市を中心に活動されている幼児・学童期発症の1型糖尿病患者会で、1型糖尿病患児とその家族に糖尿病に関する正しい知識の普及啓発と療養生活のアドバイスを行い、患児とその家族の自立支援をめざすことを目的に設立されたNPO法人です。
私も理事として、DMユース佐賀の活動に参加し、患者さんのサポートをしています。
今回、「カーボカウントと1型糖尿病 最近の話題」と題して講演を行ってきました。

皆さんカーボカウントを御存知でしょうか?
食事の3大栄養素(糖質、たんぱく質、脂質)のうち、食後の血糖に影響を及ぼすのは、糖質であることが一般的に知られており、毎回の食事に含まれる糖質量を推定し、その量にあわせた食前インスリンを投与すれば、食後の血糖上昇を抑えることができるだろうという考え方を基本として作られた概念が「カーボカウント」です。近年、1型糖尿病患者の食前インスリン投与量を決定するときに使用されることが多くなっています。
私、小島も1型糖尿病患者なので、このカーボカウントを使用してインスリン治療を行っており、今回はカーボカウントの基本とカーボカウント体験談を話してきました。
参加されていた4家族の方々は、カーボカウントは知っているけど実際に使用していないという方ばかりだったので、実際の使用方法を見ながら、やり方を覚えているようでした。

 (糖尿病内科医師   小島基靖)

12月 25日
( 2012年 )

糖尿病療養指導士の認定証授与式

by akashi

〜 福岡県糖尿病療養指導士に今年も2名合格 〜

今年は、6月から8月までの研修会の後、9月2日に試験が行われ、当院から看護師2名が合格しました。
12月1日に認定証の授与式がありましたので、その報告です。

当院には糖尿病をもつ患者様が多く来院、入院されています。
糖尿病看護に携わるにあたり、しっかり理解して患者様に信頼される看護師になりたいと思い、療養指導士を目指しました。
みっちり4日間の研修期間、多くの宿題、試験を無事に終えるこができ、ほっとしています。
研修は様々な機関の医師、栄養士、認定看護師などが講師となって、内容が濃いものでした。
70数名の参加人数で、7つのグループに分かれ演習を行いました。同じグループの看護師、臨床検査技師、栄養士とは、療養指導における様々な悩みについて話し合いながら、研修に臨みました。
糖尿病の疾患を持つ患者様に長期的にサポートすることができるよう、また糖尿病看護に興味をもつ看護師が一人でも増えるような指導士になりたいと思います。
(看護師 小島恵美)

私は現在ICU勤務です。
ICUでは全身状態が悪化し血糖コントロール不良な患者さん、ケトアシドーシスなどで入院される患者さんもいます。
その中で、糖尿病、血糖変化のメカニズムを学びたい、早期からの糖尿病に対する指導を行うことができるようになりたいと思い、研修参加を決めました。
糖尿病はある程度理解していたつもりでしたが、根拠がわかっていない事があったり、研修で多くの知識や治療、療養指導の取り組み方、患者さんの心理などが学べ、朝から夕方までの6回の研修は充実したものでした。
今回、試験後に筑後佐賀糖尿病療養指導士の資格がもらえました。
まだまだ未熟ですが、この知識を今後の観察や看護、地域活動に活用したいと思います。

(看護師 佐藤 奈美)

12月 24日
( 2012年 )

TDL番外編〜夜景ハンターからの報告〜

by akashi

シリーズで掲載している職員旅行日記、どの旅行先でも楽しんでいる様子が好評です。
本日は、東京ディズニーランド班からの素適な夜景写真をお届けします。
クリスマスイブの夜にパソコンの画面上で綺麗な夜景をお楽しみください。


私は夜景が好きで、偶然ネットで知った「夜景鑑賞士検定」を受験し、3級の認定をもらいました。
まだまだ見ていない景色もたくさんあるのですが、今は横浜のみなとみらいの夜景が一番好きで、毎年12月に訪れるのが年中行事のようになっています。
今回幸いにも職員旅行で東京に行く機会を頂きましたので、横浜に足を伸ばし夜景を楽しんできました。

photo 1
この写真は横浜のランドマークタワー・スカイガーデンの展望フロアから撮影したものです。
高さ273mから見下ろす景色は圧巻で、何時間でも観ていられます。

photo 2
これも横浜みなとみらいの夜景です。
偶然高層ビルに雲がかかりとても幻想的な夜景を楽しむことが出来ました。

photo 3
これは横浜赤レンガ倉庫の夜景。
横浜の街並みに合ったとても素敵な夜景スポットです。

皆さん、きっと灯の点いた家に帰るとほっとした気持ちになっているかと思います。
夜景鑑賞はそんな想いと似ているのかなと私は思います。
商業的な煌びやかな夜景とは反対の生活夜景にもまた魅力があり、
テーブルに飾った小さなロウソクの灯りにもそれなりの美しさがあります。
みなさんも是非自分のお気に入りの夜景を見つけて下さい。
そして是非大切な人と見に行くことをお薦めします。

私は横浜で今年も素敵な夜景を観ながら幸せな気分になれました。

(医師事務作業補助 山本直美)

            Merry Christmas

12月 22日
( 2012年 )

職員旅行日記 ~ディズニーランド3班~

by nonoshita

職員旅行、東京ディズニーランド組最終班で、12月2日~4日行ってきました!

24人の大所帯でした。

ディズニーランド、ディズニーシー内は自由行動で、各々満喫してきました!

夜の食事会では、普段顔は知っているけど話したことなかったスタッフと交流ができ、とても充実した旅行になりました。

さすがに最終日は、疲れましたが、明日からの活力になりました。

さあ、明日から頑張って行きましょう♪

(広報委員 大賀、内田)

12月 21日
( 2012年 )

病院忘年会 2012

by hirayama

12月15日、地域の連携先の先生方をお迎えして恒例の病院の忘年会を開催しました。
今年は創立50周年の節目の年ということで 「ありがとう50周年 さらなる未来へ」というスローガンで開催しました。


病院長より、創立50周年を振り返り、地域医療に取り組んできた思いを語り、これからもさらなる飛躍に向けての決意を話されました。


次に今年新たな資格に挑戦して合格した職員や各部署でがんばった職員を表彰しました。


この日ばかりは日頃の仕事を忘れ、様々な部署の人たちと食事をしながら交流を深めました。


その後、カラオケや恒例の部署対抗による余興、じゃんけん大会で盛り上がりました。


日頃はあわただしく病院の業務に追われていますが、この日は医師も職員と仲良くワイワイと楽しいひとときを過ごしました。

来年もチームワークでさらに飛躍していきたいと思います。

(広報委員 平山)