Skip to content

2012年11月の投稿一覧

11月 19日
( 2012年 )

インフルエンザ予防接種を行っています

by hirayama

インフルエンザ予防接種が始まっています。

本日は、当院職員も予防接種を行いました。

接種することで安心します。
あとは外から帰ったらすぐにうがい、手洗いでしっかり予防しましょう。

みなさんはもう予防接種受けられましたか?
接種後、効果が現れるまでに約2週間程度かかりますので、流行前に早目の接種をお勧めします。
当院でも受け付けております。

一般(中学生以上64 歳未満) 3,600 円(時間内)
(※原則時間外の17時以降・日祝日は受付しておりません。)

小郡市在住65 才以上 1,000 円 期間:10 月9 日~12 月28 日
大刀洗町65 歳以上  期間:10 月1 日~12 月29 日
(※上記以外のお住まいの方でも各地区で同様の助成制度あり)

実施時間 毎週金曜日 15:00~

(広報委員 平山)

11月 17日
( 2012年 )

くすの木会ウォークラリー2012

by yuakashi

10月14日
くすのき会 ウォークラリー2012

これまでのくすのき会とは違い
この日はとても天気が良く
ついに!!屋外で開催することができました。

リハビリスタッフによる準備体操から始まり
身体だけではなく全員で発声し
歩く前から身体があったかくなりました。

いくつかのグループごとに分かれ
チェックポイントを目指し
クイズに答えながらゴールを目指していただきました。

歩く途中に道に咲いている
コスモスがとてもきれいでこんなに暖かくても
もう秋なんだなと感じました。

3キロの道のりを見事全員完歩しました。

室内に帰ってきたグループから
血圧や血糖などを測り輪投げをしました。
赤司先生や小島先生、なかなか本気なご様子でした。
クイズの答え合わせをし表彰が行われました。

身体を動かした後はご飯!!
栄養科が作ったお弁当をいただきました。

その後は毎年恒例となっている
赤司先生の寸劇。
手拍子しながら盛り上がりました。
小島先生の糖尿病の講座は真剣に聞いて
中にはメモをとる患者さんの姿もありました。

最後は患者さんを代表して挨拶があり
スタッフ全員へ患者さんから感謝の気持ちがこもった
拍手をいただきました。

初めて参加したくすのき会
来年も是非参加したいと思います。
とても貴重な経験をさせていただき
ありがとうございました。

11月 16日
( 2012年 )

リハビリ機器紹介3

by hirayama

〜 マッサージチェアとトレッドミル 〜

『マッサージチェア』

爪先から頭の先まで・・
疲れた体をやさしく包みます。
リハビリ室に置いていますので是非使用してみてください。

『トレッドミル』

トレッドミルとは、屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具で、ランニングマシンやジョギングマシンなどとも呼ばれています。
トレッドミルは屋内で有酸素運動が行えるので、天候に左右されないとう利点があります。しかし、屋内では外と違い景色の変化がなく飽きやすいという欠点もあります。

その他の利点として、一定の速度で走ることができますので、オーバーペースを防ぐことができる。屋内での運動であるため交通事故の心配がないなどがあります(^^)

(作業療法士 田中健太)

11月 15日
( 2012年 )

顧問弁護士による患者対応セミナー

by hirayama

〜より良い患者対応について〜

当院顧問の弁護士による患者対応についてのセミナーが行われました。
世の中の変遷とともに、患者さんや医療従事者の意識が変わってきています。
それに伴いコミュニケーションのとりかたも変化してきています。
その変化を認識することにより、医療の現場における様々な行き違いを避けることができます。
弁護士からは、よりよい患者対応のあり方について様々なアドバイスをいただきました。

(広報委員 赤司ゆ)

11月 14日
( 2012年 )

職員旅行 ~博多座「ミュージカル」~

by hirayama

11月8日木曜日、スタッフ約30人で職員旅行に出かけました。

午前中、まず向かった先は福岡市博多区竹下にあるアサヒビール園。


大変チャーミングなガイドさんの案内のもと、園内をまわりながらビールが原料から商品になるまでの過程を見学しました。
試飲会場ではお楽しみのビールの試飲もありました。できたてビールは、本当に美味しかったです。(*^.^*)

午後からは博多座にミュージカル『ジェーンエア』を観に行ってきました。
ジェーンエアってなに?という状態にもかかわらず予習もせずに「松たか子を生で見れる♪」それだけで行ってしまいました。

原作:シャーロット・ブロンテ と聞くと、どこかで聞いたことがあるような感じが・・・
そうそう!エミリ・ジェイン・ブロンテが『嵐が丘』の作者でしたね。その姉シャーロット・ブロンテの代表作が『ジェーンエア』です。
これから観に行く方のために、ストーリーには触れないほうがいいですね。

ミュージカルは地味に始まりましたが(松さん、華やかな登場ではなくすーーーっとさりげなくいつのまにか現れていたんです)、物語が進むにつれて、やはりミュージカルですから出演者の歌声に感動しきりでした。
相手役の男性の方も声だけで好きになってしまいそうでした。

急遽決まったという公演後のトークショーでは、3人の俳優さんが普段着で登場されたので(主役級の男性はジャージでした)これまた新鮮でおもしろかったです。3人のうち2人が関西人らしくテンポのいい話でとても盛り上がりましたよ。
「実は、セリフをひと言忘れた・・・」というのもあって(^^)
11月18日までの上演ですから時間がありませんが、時間が取れる方はぜひ観に行っていただきたいと思います。

その後、博多座から1時間、向かったのはステーキハウス「花やしき」です。美しいピアノ演奏を聴きながら皆とディナーを楽しみました。

ふだんは話す機会の少ない職員同士で交流を深めることもでき、英気を養うことのできた貴重な一日となりました!(^^)!

(広報委員 ごとう・林田)

11月 13日
( 2012年 )

職員旅行~韓国ソウル~

by hirayama

9月19日 1泊2日の日程で嶋田病院職員20名で韓国ソウルへ行ってきました。


出発当日の天気は快晴!
ソウル仁川空港へ向けて出発です。


これはソウルに着いて撮った1枚目の写真なのですが、何でもない建物の写真です。
ただハングル文字に囲まれた、この場所で写真を撮ったとき『ソウルに来んだ』と感じた瞬間でした。


ソウルに着いたのが昼過ぎということで、まずは全員で昼食です。
【石焼ビビンバ】を頂きました。
日本で食べるものとは食べ方も味も違っており、直前で機内食を食べたのにもかかわらず “完食”
美味しく頂きました。


続いて韓国を代表する故宮 【景福宮】 へ行ってきました。
ここは有名なパワースポットとのこと!?
景福宮の北側にそびえ立つこの山は【北岳山】といい、この山から強い “気” がソウル市街へ向けて流れているとのことです。


これは景福宮の正殿で 【勤政殿】 といいます。
王の即位式や外交官の接待などが開かれていた場所なのですが、なんとここが一番のパワースポットとのこと。
北岳山から流れてくる 気 はこの勤政殿を通るとのことで、勤政殿の前で写真を撮ると幸運が訪れるのだとか!?


国王主催の重要な宴や接待を行う宴会場だったというこの【慶会桜】は国宝に指定されているとのこと。
池に浮かんだように見える、この光景は圧巻でした。


これは景福殿にある【醤庫】の写真です。
この壷は韓国では“オンギ”と呼ばれているそうで、サイズによって醤油類(大)、塩辛類(中)、味噌類(小)を入れていたとのこと。
大きいものは人が楽に入れるほど大きいんですよ!!


夕食は【焼肉】です。
店員さんが焼いてくれるため、ひたすら食べ続けてました。
みんなお酒もすすみ、賑やかな夕食となりました。

2日目は朝から明洞へ。4時間のフリータイムで、お土産に頼まれていた化粧品などを大量買いです!
どのお店も日本語の出来る店員さんがいるため、日本語だけで不自由なく買い物できました。


2日間の日程で観光、ショッピング、そして人生初のカジノまで!!
まあカジノで一攫千金とはなりませんでしたが、全員が満足する旅行となりました。
また日常業務で接することのない他部署の方と仲良くなれたのも職員旅行ならではだと思います。
楽しい旅行をありがとうございました。

(放射線科 田中成児)

11月 12日
( 2012年 )

避難訓練 2012

by hirayama

10月31日避難訓練を行いました。

新入職員の方を主として『夜間帯にリネン庫から出火した』という想定で行いました。

火災報知機が鳴り、職員が出火場所を確認して消火器を持って駆け付け、初期消火活動と患者さんの避難誘導を行いました。

参加された職員は大声を出して患者さんの誘導と病室からの担送を行いました。


パニックになったり慌てて危険な行動を起こすことにないように、日頃からの訓練が必要だと実感しました。

皆真剣な表情で取り組んでいました。

その後、外に出て消化器の使い方、消火訓練を行いました。

まさかに備え改めてマニュアルを見直したり、避難経路の確認が大切です。

(広報委員 平山)

11月 10日
( 2012年 )

テラスの冬支度

by hirayama

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

急に日中も寒くなり、冬支度が間に合わないような感じですね。
くろーばーてらすのテラスも、冬に備えて冬支度を始めています。

植栽ボランティアさんに、年に数回お仕事の合間のお時間のある時に来て頂いています。

先日のチューリップに続き、今回は三色すみれ、キャットテール、ガーベラ を寄せ植えしていただきました。

どうしてもお花が少なくなる季節ですが、こうして少しテラスの鉢類も整理されると、お花もイキイキしたように見えすっきりしたような印象です(^o^)丿

ありがとうございました★☆

(広報委員 山形)

11月 9日
( 2012年 )

緩和ケア病棟 家族会

by hirayama

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

緩和ケア病棟では、年に一回退院され半年以上経過された患者さんの御家族を対象に家族会を開催しています。

今年は、初めて院外の会場での開催。
天候にもめぐまれ、気持ちのいい秋空が広がっていました。

今回は、栄光病院チャプレン(病院付の牧師)の清田直人さんにご講話いただきました。
グリーフ(悲嘆)とはなにか、悲しみに期限はなく、どれだけ悲しんでもいいということをサポーティブにお話いただき、ご参加いただいた御家族には涙を流される方もいらっしゃいました。
改めて、悲しんでもいいんだと思えることは御家族のなによりのケアになったのではないかと思います。

また、毎年恒例となっている西村晴子さん、石川敦子さん、石井有紀子さんに素敵な音楽を演奏して頂きました。

いつもは電子ピアノでの演奏でしたが、今回はグランドピアノの準備ができ、より一層素敵なハーモニーとなり、とても感動するコンサートとなりました。

「心が洗われるようで…」「いろんなことを思い出しました…」と涙する方、歌を一緒に口ずさむ方もおられ、それぞれに癒しの時間となったようです。

17家族24名の方にご参加いただきました。
かわいいお花は、ボランティアの三浦さんにご準備いただきました。1つずつ持ち帰れるようになっています(*^_^*)


いつもありがとうございます♪♪

家族会では、スタッフも久しぶりにお会いする御家族に元気をもらうような気がします☆彡

退院後にはそれぞれの生活があり、それぞれにいろいろな思いを抱えながら生活しておられます。その中で、少し立ち止まり思い出を振り返る時間が、またこれからの生活の力につながればいいなと思うのでした。

(広報委員 山形)

11月 8日
( 2012年 )

スタッフ紹介 / X線発見の日

by yuakashi

〜 放射線科ニューフェース紹介 〜

本日は、レントゲン博士がX線を発見した日で、発見から今年で117年を迎えます。
X線は、今や医療機関での検査にはなくてはならないものとなっており、この一週間は、『レントゲン週間』とされています。
この記念日に、11月入職の放射線科ニューフェース 松木孝臣君をご紹介します。
外見も中身もナイスガイの松木君、放射線科やポータブル撮影で見かけたら、声をかけてくださいね。

1、出身地
大分県日田市

2、嶋田病院を選んだ理由
病院スタッフ同士の仲が良さそうに見え、患者さん中心の医療が実施されているように感じたから。

3、今後の抱負
早く仕事を覚えて、病院スタッフや患者さんに信頼される診療放射線技師になる。

4、趣味、特技
バレーボール・バイク

5、座右の銘
よく食べる。

6、その他メッセージ
他職種の方々とも仲良くなって、色々と教えて頂きたいです。宜しくお願い致します。