Skip to content

2012年10月06日の投稿一覧

10月 6日
( 2012年 )

骨密度測定講習会に参加 in 岡山

by hirayama


〜 第5回 精度よくDXAで骨量測定するための講習会 〜

9月16日(日)に岡山で行われた骨密度測定講習会に参加してきました。

現在、急激な高齢化社会に伴い骨粗鬆症の患者は増加傾向にあり、最新の情報では約1300万人もの骨粗鬆症患者がいると報告されています。 
骨粗鬆症になると腰・大腿骨頸部・手関節など様々な部位の骨折を起こしやすくなり、寝たきりの原因となります。 当院では、このような骨粗鬆症による骨折を早期に発見し予防・治療を進めていけるように「骨プロジェクト」というチームも発足しています。 
検査を行う私たち放射線技師は、患者様が安心して検査を受けていただけるように、より深い知識と精度の高い骨量測定が重要です。この講習会では測定体位や解析方法など、とてもわかりやすく勉強になりました。 

骨密度検査について簡単に説明させていただきます。
検査時間は約3分程度で、ベッドに休んでいただくだけです。ごく微量のX線(胸部写真の1/5の被ばく量)で骨の密度を測定し痛みもなく、安心して受けていただける検査です。

最近身長が縮んだ方、慢性的な腰痛がある方、ご自分のいまの骨の状態を知りたい方、ぜひ一度検査を受けてみてはいかがでしょうか?

( 放射線科 下河 祐一 )