Skip to content

2012年09月05日の投稿一覧

9月 5日
( 2012年 )

ハートフル訪問看護ステーションの勉強会

by yuakashi

訪問看護 ハートフル便り第3報
 

在宅療養生活を送っておられる方は、在宅酸素や在宅人工呼吸器、福祉用具など様々な機器・道具などを利用されていることが多いです。在宅においては、医療機器の業者・福祉用具の業者などいくつもの業者と関わっていく機会がとても多い環境です。業者が違うと使い方や注意点も様々です。その為、ハートフル訪問看護ステーションでは勉強会、症例カンファレンス、ステーション会議を毎月1回ずつ開催しています。

今月の勉強会では、利用者様の在宅復帰に向けて、在宅生活を安心して行えるように業者の方に小児の呼吸器の説明・注意点・操作方法等の説明会を行って頂きました。業者の方から直接、講習を受け、事前に学習して訪問看護・リハビリへ訪問することで、初めて訪問した際にも機器の操作に不安なくスムーズに訪問を開始することが出来る、また療養者や御家族様の不安軽減にもつながっていると感じています。また、講習会で業者の方へ質疑応答・コミュニケーションをとることで、機器に故障などが見つかった際や不明な点が出てきた際にその場でスムーズに連絡を取り合う事が可能な環境を整えています。

定期的な勉強会・カンファレンスを通して、知識・技術の向上を図り、スタッフ一人一人のレベルアップを行って、御本人様・御家族様が在宅生活を安全・安心して生活を送ることができるよう訪問看護・訪問リハビリを提供し、在宅生活を支援をしています。
また、かかりつけ医・御家族との連携をなども十分に連携をとるよう心がけ、状態変化などあった際はすぐに連携を図る体制を心がけています。

(訪問看護ステーション 理学療法士 伊藤慈人)