Skip to content

2012年09月03日の投稿一覧

9月 3日
( 2012年 )

災害時の車椅子介助方法の練習

by hirayama

先日、雷の影響で院内が停電となりました。

その際に、エレベーターが使用できなくなり、あるスタッフが車椅子の患者さんを階段から車椅子ごと介助で下ろさなければならない状況になったそうです。

そのため、リハビリテーション科では再度災害時の対処法について確認を行いました。

今回は車椅子の患者さんを2人介助にて階段昇降するという練習を行いました。

前後から介助を行なう方法と左右から介助を行なう方法の2パターンを実施しました。

車椅子での階段昇降時の介助を行なうのは初めてというスタッフが多く、不慣れで手順が分からず、相当な時間とマンパワーが必要でありました。

乗っている患者役も周りで見ている人もヒヤヒヤしながら介助者を見ている状態でした。

今回の車椅子介助にて感じた事は、普段から練習していなければ、いざ緊急の時に対処する際、恐怖心から足がすくんでしまい、逆に大きな事故になりかねないということを強く感じました。

また、無理だと判断したら早めに助けを呼び、患者さん・スタッフ共に安全に避難させることが重要であると感じました。

災害時に患者さんを早急に非難させるためにも、普段から避難訓練を行なっておく必要があると考えさせられました。

(リハビリテーション科 樋口麻衣)