Skip to content

2012年01月の投稿一覧

1月 31日
( 2012年 )

贈る言葉 -退職する永年勤続スタッフへ-

by hirayama

当院で勤続30年働いてこられ、本日で退職される看護師の山崎さんへ

勤続30年間、本当にお疲れさまでした。

数少ない戦友がいなくなると思うと大変さびしいかぎりです。

山さんとは同期に就職し、たくさんの思い出がよみがえります。

当時は、職員も現在の4分の1ほどで、数少ない男性職員で、深夜まで保険請求の手伝いをしたり、手作り広報を作ったりして皆で徹夜で語り合っていました。

あるとき突然看護学校に行くと聞きびっくりしました。

それでも苦労して看護師免許を取得された陰には、奥様の力強い支えがあったことだと思います。
そんな頑張り屋の奥様への感謝を忘れずに、これからもお互い支え合い頑張って下さい。

(同期の桜 S)

1月 30日
( 2012年 )

診療支援部勉強会「消化管出血」

by hirayama

1月20日の診療支援部勉強会は、橋口先生による「消化管出血」についてでした。

「吐血」「下血」などの言葉の定義から疾患、治療まで大変分かりやすかったです。

治療については止血方法(内視鏡的な手技)を動画で見せて頂き、より臨床のことを知ることが出来ました。


今回も診療支援部のみならず看護部や技術部の参加もあり、嶋田病院スタッフの向上心に負けてはいられない!と感じました。

(診療情報管理課 柴田)

1月 29日
( 2012年 )

赤司先生講演~実地医家のための糖尿病セミナー~

by hirayama

最近、講演会の依頼が多く、毎週どこかで講演をしている赤司先生です。
今回は日本糖尿病協会福岡県支部、筑後ブロック主催の第6回実地医家のための糖尿病セミナーにて、「地域医療連携」にて講演を行いました。

さらに、情報誌 「アヴァンティ福岡 2月号」の街の頼れるクリニックガイドのページに赤司先生による糖尿病についてのコラムが掲載されています。


駅などのフリーペーパーのコーナーに設置されております。ご覧ください。

1月 28日
( 2012年 )

1月病棟行事「マジックショー」

by nonoshita

緩和ケア便り~くろーばーてらす~ 

この冬一番の寒波がきているといわれた1月24日火曜日
ぼたん雪が降っていました。寒~かったですね!!

この日、1月の病棟行事が行なわれました。
1月は【マジックショー】★☆☆☆

スタッフによる、いろいろなマジックが披露されました。
花の色が変わったり、何もないところからコップが出てきたり、コーラを入れたコップが宙に浮いたり♪♪♪

患者さんにあたたかく見守られながら、無事に成功!!
久しぶりにラウンジに出てこられる方もいらっしゃって、素敵な笑顔をみることができました。

おやつは、チョコレートプリン生クリーム添え。
おいしかった~☆

ジャクソン5の曲にのって、楽しいひとときとなりました。

(広報委員 山形)

1月 27日
( 2012年 )

福岡県診療情報管理研究研修会

by nonoshita

1月26日木曜日 第44回福岡県診療情報管理研究研修会が開催されました。

「悩める診療情報管理士が明るい未来を作る」というシンポジウムで、「市中の急性期病院における診療情報管理士の役割」というお題で、講演をさせていただきました!

「私でいいのかな~」と思いながらお引き受けしましたが、たくさんの方にお声かけいただき終わってみれば、よかったな~と思いました。担当の役員の方、座長の診療情報管理士の先輩方、お仲間の方々、一緒に行ったスタッフ、たくさんの方に感謝です。

(スタッフが写真撮ってくれていたので、恥ずかしながらUPします)

午後からの「がん登録」も、大変勉強になりました。

こういう機会を与えてくださった皆様ありがとうございます!

1月 26日
( 2012年 )

感染対策講習会

by hirayama

1月16日~17日にかけて「平成23年度院内感染対策講習会」(神戸)に参加してきました。

日頃から感染対策に取り組む立場として、基礎的な知識から最新情報まで幅広く学習できて大変勉強になりました。

なかでも「鬼平犯科帳に学ぶ感染コントロールチーム(ICT)のシステム化・連携」の講義が興味深く、長谷川平蔵(鬼平)が江戸市中を微行巡回するようように、院内をラウンドし、悪(細菌)が悪いことをしていないか監視することが重要と話されていました。

医療関連感染(院内感染)の発生がゼロに近づくよう、院内をくまなく歩き回りチェックしていきたいと思います。

(感染管理認定看護師 堀内)

1月 25日
( 2012年 )

「医療経営(フェイズ・スリー)2月号」に掲載されました。

by hirayama

雑誌 「医療経営Phase3 (フェイズ・スリー)」(日本医療企画出版)2月号より「日本一小さな地域医療支援病院の挑戦」シリーズとして掲載されました。

当院が地域医療支援病院として承認を受けるまでの取り組みなどを3ヶ月連載で 地域医療連携室 田中が紹介しています。

どうぞご覧ください。

1月 24日
( 2012年 )

日本病態栄養学会

by hirayama

1月14日、15日に、第15回日本病態栄養学会年次学術集会が開催されました。

当院から栄養管理士3名で参加して演題 「管理栄養士増員から3年経過した結果」、「栄養指導後の改善結果について」の2題を発表しました。

150床の病院における6名の管理栄養士の活動結果について、栄養指導件数や特別食比率を発表すると会場からの反応も良く、増員になったいきさつ等質問を受けました。

改めて当院の医療の質の向上に貢献できるよう、今回の学会での経験を活かしていきます。

(管理栄養士 宮川)

1月 23日
( 2012年 )

Happyなご報告

by nonoshita

広報委員の北川さんが、結婚され「山形」さんになりました。

11月23日に結婚され、本日がちょうど二ヶ月の記念日ということです。
おめでとうございます。いつまでもお幸せに★

知った当初から、ブログネタにしていい?と聞いておりましたが、本人恐縮されて…そのままになっておりました。

1月13日の広報委員会の時に祐子先生からも催促いただき、やっと(笑)山形さんより写真と記事がきました!

随分、遅くなりましたが、病棟のみなさんから結婚祝いでお花をいただいたときの写真と、郁子先生からもお祝い(かわいい花柄の玄関マット)をいただいた時の写真です。


嬉しい限りで、感謝です。

(広報委員 山形)

1月 22日
( 2012年 )

広報委員のやるぞ宣言①

by nonoshita

  「今年の目標」

 明けましておめでとうございます… 年が明けて、もうすでに半月が経ちます。早いものですね。

先日の広報委員会で、ブログネタとして少しシリーズもので展開しようか、ということになりました。

4月新年度になれば、病院目標に対して各部門BSCが作成されます。それからは、各部署のリーダー達による「やるぞ」宣言をご紹介していきたいと思っていますが、まずは広報委員より今年の目標を…!

まずは、広報委員リハビリテーション科 田中芳征より

 私も理学療法士として今年6年目となります。後輩も増え、4月には新たなスタッフも迎えます。

 今年は、「広報活動の一環というわけではありませんが、後輩の方々への経験の伝達、日々私を成長させてくださっている患者様への感謝を込めて、学会発表へ向けて意欲的に取り組んでいきたい」と思います(^o^)/~~

田中でした~。