Skip to content

2011年06月の投稿一覧

6月 30日
( 2011年 )

ニュース

by nonoshita

患者さんから「毎日テレビばかり見ている。つまんないニュースが多すぎる」と言われました。

そんな中、あるオランダのキャラクターの類似品訴訟が「裁判費用を被災地への募金する」ということで、訴えを取り下げ和解が決まったとのニュースがあったと教えてくれました。

「なんかせこせこしてなくていいよね」とちょっと晴れやかなお顔でした。

明るいニュースって嬉しいですよね。

(広報委員 大賀)

6月 30日
( 2011年 )

病棟行事 6月編

by nonoshita

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

6/22(水) 梅雨の合間の晴れ間でした。夏至。

緩和ケア病棟6月行事が行われました。
今回は♪♪
ボランティア・松原光昭さんによるハーモニカ演奏と、切り絵の披露です。


今日は調子のいい患者さんが少なく、ラウンジで参加される方も少なかったのですが、その他の患者さんはお部屋で聴いていただきました。


あじさい、あざみ、と季節の花も持って来てくださり、季節感満点☆★

 

ハーモニカでは雨、この道、夏の思い出など、6曲を。
切り絵では、チューリップ、かになど次々と切られました。

ハーモニカの音色を聞きながら、涙された方も…あたたかい雰囲気のコンサートとなりました。

そして、栄養課のみなさんに素敵なデザートを提供していただきました。
あじさいに見立てたゼリーと、何とも涼しげなミントとミルクのゼリーだそうです。素敵です(*^_^*)

 
みなさんにも、好評で「おいしい」と笑顔が見られました。
かわいい3歳になる曾孫さんと一緒に参加された方も、満面の笑顔を見せて
くださいました。

みなさんそれぞれに楽しんでいただけたかなぁと思うのでした☆彡

(広報委員 北川)

6月 29日
( 2011年 )

今年の強運者は?

by nonoshita

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

6/18(土)“看護部総会”の続きです。

さらに、今年の強運者は?とのことで、じゃんけん大会にて緩和ケア病棟の看護師さんがチャンピオンとなったそうです☆★

※「じゃんけん場面では、院長の勢いがよくカメラマンが動きについていけなかったそうです。」


ブログ初登場(*^^)v
彼女は【緩和ケア認定看護師】として、4月から緩和ケア病棟に入職されています。またご紹介はおいおい(^O^)/

慰労者表彰も行われました。

最後は院長のお話で、年に一度の総会が締めくくられたそうです。

 

(広報委員 北川)

6月 28日
( 2011年 )

看護部総会

by nonoshita

緩和ケア便り~くろーばーてらす~

(では、今回ありませんが、緩和ケア病棟の看護師さんネタもありますので!(^^)!)

6/18(土)(ちょっと前の話ですが)

“看護部総会”なるものが行われました。
私、臨床心理士も当院では、看護部所属となっているのですが、この日は所用により欠席しました…その分、看護師さんが臨時カメラマンとなってくださいました!(^^)!

看護部総会…というのは、前年度の経過報告と、今年度の目標発表、プラス慰労を行い、看護部が一丸となって活動方針を確認する機会となっているそうです。

委員会(感染委員会、医療安全委員会)の活動報告、各部署長による活動報告が順番に行われました。

緩和ケア病棟主任さんも、頑張って発表されています。

そして、今年度の教育について看護副部長からのお話があり、看護部長からのお話…

などがありました(続く…)

(広報委員 北川)

6月 27日
( 2011年 )

あっという間の現実?!

by nonoshita

アメリカ研修から休む間もなく駆け抜けた1週間。週末は下関の診療情報管理学会の生涯教育研修に参加しました。

それからその翌週は、休みと学会でほとんど病院に行かず…。

日曜日は、各部長達と来年度の医療・介護W改定について勉強に行ってきました。

あっという間に時間が過ぎている気がして、しかもたまった捌けていない仕事につぶされそうです!

写真は学会場に設けられた写真撮影所。一人だったので、背景だけ撮ってきましたよ。

あー。お目当ての京都駅の甘味処は行列で断念…心残りでしたが、ま、次回旅行で!

みんなに情報をフィードバックしないといけませんから、レポート報告も!!

今週も忙しいので、頑張らないとー!!

6月 27日
( 2011年 )

ERからの報告 -Flight Dr.待機中-

by hirayama

就業時間が過ぎてしばらくした頃、救急患者さんが立て続けにER(救急室)へ搬入されてきました。夜勤、当直のスタッフだけでなく、帰る準備をしていたスタッフが次々に集まり、ER近辺はたちまち緊迫した空気に包まれてきました。みんな、てきぱきと仕事をすすめていきます。地域の病院、嶋田でのER体制が活動開始です。

今回は、高度重症患者さんの搬入も予測されていたため、久留米大学高度救命救急センターからのFlight Dr.(フライトドクター)も待機していました。当院での検査、処置の後、至急で大学病院へ搬送します。本日のFlight Dr.はスタッフのみんなが顔なじみのN医師ですので、特にスムースに仕事がすすみます。この日は、さらに深夜にも様々な症状の患者さんたちがERを訪れました。患者さんたちが元気にご家族のもとに戻られていくことを心から願って、スタッフ一同、日々頑張っています。
(広報委員:赤司ゆ)

6月 26日
( 2011年 )

被災地の友人

by nonoshita

被災地の友達と偶然、会いました。

岩手の友達ですが、物産展でこちらに来ているとの事でした。

今でも、余震が怖いし、連絡のつかない友人がたくさんいるとのことでした。しかし、復興しているのことも肌で感じているから前向きに頑張らないとといってました。

こんなときだから、絆とポジティブさを大切にしなければいけないと感じました。

(広報委員 大賀)

6月 25日
( 2011年 )

第13回日本医療マネジメント学会

by nonoshita

6月24日(金)~25日(土)、日本医療マネジメント学会学術総会に参加させていただいています!

開催地は、私が大好きな「京都」です

田中部長、富田先生、私が嶋田病院から発表を行いました。緊張しました~。

医療安全管理委員会よりポスター掲示もありました。

昨日1日中、学会場でいろいろなセッションを聞いて回りました。

今日も朝から元気に出発です。いろいろ勉強して、病院に少しでもお土産を持って帰れたらいいな、と思います!

6月 24日
( 2011年 )

栄養管理科

by nonoshita

安全で美味しい給食を365日!患者さんに適した栄養管理、栄養指導を!が目標です。

管理栄養士6名、調理師12名のスタッフ(2011年1月現在)

1)部署長の思い

病院において栄養管理科の業務は目立ちませんが病院から必要とされ続ける「栄養管理科」を目指しています。

管理栄養士と調理師が一体となり目指す目標に向かい業務を遂行していく中で「プロフェッショナルと認められる管理栄養士・調理師の育成」と「ここで働いて良かった!!」と思える職場を作ることです。

2)業務内容

「安全で美味しい給食を1日3食365日提供すること」、「患者様に適した栄養管理、栄養指導をしていくこと」を目標に日々、研鑽しております。

栄養管理は輸液栄養、経腸栄養などがありますが経口栄養(食事)は栄養管理科のみが管理できるものです。人間の欲のひとつ「食欲」を入院中の治療食であっても患者様に満たして頂きたい、その思いで食事の提供をしています。

同時に食事のみならず患者様にとって栄養、水分の過不足が無いように輸液、経腸栄養も管理しています。

また、栄養指導をさせて頂くことで食生活改善のお手伝いをし、生活習慣病の予防、治療に貢献しています。

(2011年1月 診療技術部 栄養管理科 科長 片山 直恵)

6月 23日
( 2011年 )

第84回地域医療連携講演会

by nonoshita

第84回 地域医療連携講演会のレポートです。

6月13日月曜日に開催しました。

今回は、久留米大学医学部 神経精神医学講座 教授 内村直尚先生による「生活習慣病と不眠」についての講演でした。


講演の中で、充分な睡眠(量・質)を取るだけで、血圧やHbA1cの値に改善傾向が見られ、全体的に下がったというデータも紹介されていらっしゃいました。

高血圧症や糖尿病といった生活習慣病は、その名の通り生活が不規則であればあるほど顕著に現れる病気・・・
そして生きていく中で欠かすことの出来ない「睡眠」。その「睡眠」の重要性を実感しました。

(広報委員 地域医療連携室 鑓水)