Skip to content

2011年02月28日の投稿一覧

2月 28日
( 2011年 )

病院見学

by nonoshita

先週末、宮崎県の橘病院見学に行ったリハビリテーション科の梅田科長から、レポートが届きました(^^♪

橘病院 通所リハビリテーション『たちばな』を訪問させていただきました。

訪問メンバーは、佐藤部長、矢野部長、リハ科山田主任、梅田です。

年々入院期間が短くなって来ており、 退院後の生活を安全に充実して送っていただくためには、退院後のリハビリテーションの継続の大切さが増しています。
   そこで、当院でも通所リハビリテーションでお手伝るよう準備を進めています。

   訪問させていただいた橘病院は、整形外科専門病院として広い地域で大切な役割を遂行されています。患者さんからも人気が高い病院だということが、すぐに感じ取れまし
た。
   患者さんの表情が、明るく活気があり、スタッフの皆さんも明るく礼儀正しく親切にご対応くださいました。

    通所リハビリテーション『たちばな』に来られている皆さんは、2~3時間をかけて数種類のパワーリハビリマシーンの筋力訓練や、バランス訓練を楽そうに頑張っていらっしゃいました。

   また、痛みの緩和の物理療法なども充実しており、 スタッフによる、個別リハや健康チェックもしっかりしてありました。
   利用者さまの自立生活の支援を大切に運営されており、とても参考になりました。

上村事務長、塩崎リハビリ科長、『たちばな』の川野様、スタッフの皆様、お忙しいところ、ご丁寧なご指導をいただき本当にありがとうございました。
   是非、嶋田病院にも遊びにいらしてくださいね。

リハビリテーション科 梅田淳子

2月 28日
( 2011年 )

病院長メッセージ 「5分前行動」

by nonoshita

2月21日月曜日 「躍進会」にて

本日、矢野看護部長と佐藤診療支援部部長(3月より企画部部長へ)より、統計や当院がこれから取り組む在宅医療についての講義があった。

職員の中にどれだけ理解したスタッフがいるだろうか。これから向かう方向性、データの意味を多くの職員に理解してほしい。

嶋田病院には以前から「5分前行動」と言う言葉がある。本日の躍進会は5分前に全職員集まらず、遅れてきたスタッフで慌てる風でもない者も見受けられた。5分前のというルールを守る、「待たせて申し訳ない」という気持ちを忘れてしまうと、いい病院でなくなる可能性がある。

決してその「気持ち」「意識する」ということを忘れてはならない。