Skip to content

2011年01月の投稿一覧

1月 31日
( 2011年 )

優勝!

by nonoshita

1月29日土曜日

アジアカップで日本代表が見事優勝しました。病院スタッフと遅くまで集まり、

スポーツバーサッカー観戦しました。連日日替わりにてヒーローが変わる姿に、

ワールドカップ以来熱く応援しました。

最近、フットサル部の活動があまりしていないので、ひさしぶりにボールを蹴りたい、と思いました。

(広報委員 大賀)

1月 30日
( 2011年 )

早期退院を

by nonoshita

夜勤をしていると、患者さんが朝早くから、廊下を歩行している光景がよくみられます。

まだ、起床時間にもならないくらいの暗い時間から点滴スタンドを押しながら病棟内をグルグルまわっていらっしゃいます。

体を動かすことにより、早期退院につながることを知っている為、みなさん頑張っていらっしゃいます。

早く家に帰る為の援助を常に心掛けて頑張ろうと改めて思います。

(広報委員 大賀)

1月 29日
( 2011年 )

心配…

by nonoshita

今年は去年の5倍から10倍の花粉が舞うと予想されています。

「患者さんから花粉症対策していますか?」と聞かれ、マスクとゴーグル、手洗いうがい、くらいですと答えました。

みなさんはどんなことをしていますか?

今年は、インフルエンザもノロウィルスも流行ってきています。自分の体は自分で守るではないですが、感染予防には、十分注意していきたいですね…

(広報委員 大賀)

1月 28日
( 2011年 )

Twitter?

by nonoshita

先日月1回の定例ホームページの業者さんとの打ち合わせがありました。

4月からオープンした新ホームページ。アクセス数も順調(?!)のようですが、

まだまだ未完成の部分も多く…

私が間に合っていないことが原因であることもあるため、ちょっとだけ(!?)プレッシャーを与えられてしまいました~。(頑張らなくは!!)

他には、時代の流れか、(当院が遅れているだけなのかもしれませんが)携帯サイトやツイッターなども議題にあがりました。

twitterね~。ちょっと不安で手がまだ出せません…。どんなもんなんでしょうかね

1月 27日
( 2011年 )

イラクでの国際貢献活動

by nonoshita

ホームページ上の内視鏡センター長の橋口一利医師のコメント欄更新しました。

以前「自衛隊医官としてイラクのサマーワに派遣された」時のことを、書いていただいています。

医師詳細情報

病気情報、循環器内科のページも更新できるように準備中です!

ホームページに対するご意見も是非お待ちしております!

1月 26日
( 2011年 )

雑誌に!

by nonoshita

医事課の今村主任が書いた原稿が、雑誌に掲載されました~。

診療情報管理学会で発表した内容をまとめました。仕事が終わってから、四苦八苦していましたが、こうやって形になると嬉しい…ですね。

よかったら、皆さん是非読んでください~!!

1月 24日
( 2011年 )

蝋梅

by nonoshita

朝出勤すると、病棟に優しい香りが漂っていました。
その香りを辿っていくと…
ラウンジに黄色のきれいな花がありました。

【蝋梅】(ろうばい)
というそうです。
病棟の看護師さんが、自宅の庭から拝借してきてくれました。
もう梅の花が咲く時期なんですね。
静かに、優しく、季節の移り変わりを感じさせてくれています。

(広報委員 北川)

1月 24日
( 2011年 )

ブログ画像

by nonoshita

 

そういえば、先日からホームページからのブログの入り口の画像と、

ブログサイトの画像が変わっています。(このページの上方部です↑)

「季節感を出してください」と業者さんにお願いしておりました。

マラソン部の画像と今月は来月のバレンタインをイメージした画像になっています。

これからそちらも注目してみてくださいね!

 

1月 23日
( 2011年 )

NST勉強会

by nonoshita

1月21日金曜日 17時~

NSTの勉強会(経腸栄養について)がありました。

原医師より経腸栄養法について適応・分類・合併症などの話があり、経腸栄養の重要性について理解しました。

また、看護師からは栄養注入速度の注意点について話がありました。

最後は、原医師が「美味しく食事を食べれるように心がけていきましょう」と締めくくられました

(広報委員 大賀)

1月 22日
( 2011年 )

KYT

by nonoshita

4階病棟会にて、KYTの勉強会をしました。
一般でKYなら、空気読めないか?価格安い?ですが、ここは病院なので
危険予知トレーニングでKYTです。

一つの写真を見て、危険なところはないか?どのようにしたら改善できるか?など話し合いました。

同じ写真でもみる人の感覚で新しい気付きもみれます。みなさんは、この写真を見
て何が危険と思いますか?

(広報委員 大賀)