Skip to content

2010年11月の投稿一覧

11月 30日
( 2010年 )

橋本先生講義!

by nonoshita

昨日11月29日月曜日。診療支援部(医事課、医療クラーク課、診療情報管理課)

合同の勉強会を実施しました。

診療の支援が出来るつよーい事務スタッフの育成と、互いの部署の業務把握の

ため、定期的に開催しています。

今月は、内科の橋本医師にお願いしましたら、快諾いただきまして

「高血圧」について講義していただきました。

お忙しい最中、非常に分かりやすく説明いただきました。

先生、ありがとうございました

是非、明日からの業務にさっそく役立てられるように、頑張ります!

11月 29日
( 2010年 )

点灯ー

by nonoshita

「本日、点灯するから」と聞いていましたが、研修室から診療支援部勉強会を

終えて出てくると、イルミネーションにライトが…

今年1年残すところ1か月となりましたが、しばらくの間みなさんの

楽しみとなり、和みになるといいです…ね

11月 29日
( 2010年 )

DPC委員会分科会?

by nonoshita

最近、毎週月曜日。医事課入院担当者と診療情報管理課で

「病名とコーディング」について、勉強会を行っています。

↑私たちのバイブルでもある、分厚いICDのコーディング表です。

皆、真剣です

11月 29日
( 2010年 )

スタンバイ中

by nonoshita

先週末から、恒例のクリスマスイルミネーションの準備がされていました。

本日いよいよ「点灯式」があります。

トナカイ達、スタンバイ中です(^^)

11月 29日
( 2010年 )

結婚式

by nonoshita

11月28日日曜日

14年近く働いていて、先月末嶋田病院を退職した職員の結婚式でした。

少し寒かったですが、いい天気で何よりでした。

どうぞ、お幸せに!

実家に帰った際は遊びに来てくださいね。

11月 28日
( 2010年 )

健康教室のページ

by nonoshita

ブログでもご紹介しましたが、今月の健康教室の様子がホームページ

でも、更新されました。

当院の健康教室は、「病気を予防するためのもの(病気にならない

ように)と、糖尿病教室のように「病気と診断された方が、ひどく

ならないようにするためのものと大きく2つに分けられます。

ページを少し変更して、分かりやすくしました!

11月 27日
( 2010年 )

医療クラーク課

by nonoshita

4月より診療支援部に独立した「医療クラーク課」を設置しました。

 

           (2010年6月9日撮影)

1)部署長の思い

社会的に医療の質やサービス向上に関心が高まる中、多くの病院では患者さんへの説明書類や診断書の作成など、医師の事務作業は年々増加しています。

当院では10年以上も前から、外来や病棟に事務職員を配置し、医師の事務作業負担軽減に取り組んできました。また平成20年度の診療報酬改定で、病院勤務医の負担軽減策として「医師事務作業補助体制加算」が新設されたことにより今までの管理体制を見直し、より一層医療スタッフ間の役割分担を推進するため、この4月より診療支援部に独立した「医療クラーク課」を設置しました。

2)業務内容

医療クラーク課には、医師の負担軽減のためのスタッフとして外来診察室と病棟に13名、コメディカル負担軽減のためのスタッフとして4名の計17名(H22.6現在)を配置しており、医師のオーダー代行入力、面談記録や書類の作成補助など、患者さんの治療が速やかに行えるよう協力しあい日々の業務に取り組んでいます。

 

  

(2010年7月 医療クラーク課 課長 市原 康浩)

11月 26日
( 2010年 )

体重計②

by nonoshita

前回、寝たままで計れる体重計をご紹介しましたが、今回は車椅子で

使用できる体重計です。

一般家庭には見られないものですが、

入院患者さんの体重の変化は、重要な健康指針になるので確実に

測れるようにしてます。

(広報委員 本館4階 看護師 大賀 研司)

11月 26日
( 2010年 )

秋のハーモニカコンサート

by nonoshita

11月の緩和ケア病棟行事が行われました。

今月は“秋のハーモニカコンサート”

ボランティアの松原さんによるハーモニカ演奏と、切り絵の披露です。

童謡と懐かしのメロディがハーモニカで奏でられ、その音に合わせて患者さん、

ご家族が歌います♪♪

思わず感極まって、涙を流す方の姿も・・・

また、切り絵では何もない紙から切りだされる紅葉に、ウサギ…などなど

切りだされると「おぉ~」という歓声と拍手が☆☆

思わず笑顔がこぼれる瞬間でした。

 

(広報委員 緩和ケア病棟 臨床心理士 北川 仁視)

11月 25日
( 2010年 )

地域医療委員会

by nonoshita

広域の医療機関との連携が円滑にいくことを目的としています。

委員会構成メンバー・職種

地域連携部長、地域連携室長、看護副部長、技術部長、放射線技師1名、MSW1名、医療クラーク(外来1名・病棟1名)、地域連携室スタッフ2名、医事課1名

委員会設置の理由・背景

地域医療委員会では、その名のとおり嶋田病院がこの小郡三井地域において安心かつ安全な医療が提供できるように、他の病院、診療所や施設、救急隊等広域の医療機関との連携が円滑にいくことを目的としています。

具体的活動内容

  1. 院内外の連携に関する問題点の改善
  2. 地域住民の方への健康増進目的の健康教室開催
  3. 地域の先生方、地域コメディカルスタッフへの勉強会・研修会開催の推進
  4. 紹介率向上のための対策、検討 など。

院内だけでなく院外にむけた活動も全力で取り組んでいます。

 

(2010‎年‎5‎月‎26‎日会議の様子)

今後の委員会目標・方向性

 地域医療支援病院を目指します!!!!

一言・抱負(どんなことでも)

委員長
石原 健次

副委員長
事務長 田崎 聰

院内の委員会というより、小郡三井地区の委員会として地域の先生方からのご意見やご要望をありがたく頂戴したいと思っています。これかからも地域を支える病院となるため、どうぞ、職員皆様の更なるご協力をお願いいたします。 

(2010年7月 副委員長 事務長 田崎 聰)