Skip to content

「 広報委員 」の投稿一覧

6月 27日
( 2018年 )

月刊糖尿病 2018年6月号

by honma

当院、内科部長の赤司朋之医師が企画編集した「月刊糖尿病 2018年6月号」が発売されます。赤司医師が提唱し実践している当院のリエゾンサービスのほか、様々な病院・地域での糖尿病への取り組みが掲載されている雑誌となります。赤司医師が常に糖尿病と向き合って来ていたことが分かる一冊となります。ぜひご興味のある方はご覧になってください。

https://www.igaku.co.jp/tonyobyo/tonyobyo_1806.html

6月 24日
( 2018年 )

【新聞掲載】そけいヘルニア 特集記事

by honma

本日、6月24日付の西日本新聞に当院の都志見貴明 消化器外科部長のインタビュー記事が掲載されました。内容は鼠径(そけい)ヘルニアとなります。新聞の内容にも記載がありますが、太ももの付け根あたりがポッコリと膨らんでいる症状となり、基本的には手術となります。当院の腹腔鏡手術では多くが1泊2日もしくは日帰りで手術可能となります(患者さんの状態によります)

ぜひ、興味のある方は7月7日(土)14時にに小郡イオン内にあるイオンホールにて都志見医師による講演会を実施いたしますので、ぜひご来場ください。当日は外科医による無料の簡易チェック(先着30名)も実施いたします。

小郡イオンへのアクセスはこちら:http://aeon-ogori.com/static/detail/access

1月 20日
( 2018年 )

第4回がん予防セミナー「胃がん」

by nonoshita

1月20日土曜日13時から、小郡イオンのイオンホールにて

聞かなきゃ損するがん予防セミナー第4回「胃がん」を開催しました。

当院消化器内科(内視鏡センター)の樋口徹先生から

胃がんとは、、、から内視鏡での胃がん治療、胃のESDまで

詳しくお話しいただきました。

講演の後は、介護予防のお話しを理学療法士の百武主任から。

そして、筋トレの実践を参加者の皆さんと一緒に行いました。

次回は「特別編」

3月17日土曜日「もし、がんになったら」を

当院 院長補佐の西村一宣先生の講演でセミナーを開催します。

是非、お越しください。

 

1月 13日
( 2018年 )

広報誌「躍進」リニューアル

by nonoshita

気付けは、もう1月も半分終わりつつあります。。。

改めまして新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。(遅すぎますね(T_T))

さて、こちらは1日のごはんです。

詳細は後日レポしますね。

56年目に突入する2018年、嶋田病院は新しいことスタートします。

その1つ広報誌「躍進」をリニューアルしました。

字を少し大きくし、コーナーを充実させ、ページ数も増加しました。

是非、ご覧くださいね!!

広報誌躍進110号(新年号)

11月 16日
( 2017年 )

みくにの公民館 若葉会

by nonoshita

本日は、みくにの公民館に来ております。

 

検診と、認知症のお話させていただ来ました。

朝から楽しい時間を過ごさせていただきました!

11月 14日
( 2017年 )

橋本医師と健康教室

by nonoshita

11月14日火曜日

大刀洗町ぬくもの館にて、大刀洗診療所の橋本院長と健康教室に行って来ました。

今回は、アレルギーのお話。

最初に検診の大事さもお話させていただきました😊

10月 30日
( 2017年 )

診療情報管理士指導者認定!

by nonoshita

ご報告が遅くなりましたが、9月に開催された第43回日本診療情報管理学会において

診療支援部 課長の今村知美さんが約3.3万人の診療情報管理士の中で

現在78名しかいない「診療情報管理士 指導者」の認定を受けました。

5年間の学会発表や論文投稿など実績を積んだ上で

試験が行われます。

当院にも診療情報管理士がたくさんいます。

次の「指導者」を育成する目標に向かって、これからも

頑張っていく、とのことです

10月 27日
( 2017年 )

夜間帯を想定した地震、火災訓練を行います

by nonoshita

「筑後地方を襲った地震により当院も被災を受け、火災が発生」したという想定で、スタッフが手薄になる夜間帯の訓練を行います。三井消防署のご協力のもと15Mはしご車を使っての避難訓練や起震車(地震体験車)を使っての地震体験など、本格的な訓練を病院職員が行います。

11月7日(火曜日)14時~(予備日11月15日(水))

嶋田病院 救急車搬入口、病棟にて

(前回の様子)

 

当院は「安心を地域の方に提供する」を理念としています。

より安心していただけるように、本年4月より元救命救急士を雇用し、防災活動に力を入れていることを知っていただきたいという思いと、これから冬、年末年始を迎えるにあたり、火災も多くなる時期であり、皆さまの注意喚起にもなれば幸いと、お知らせいたしました。

 

訓練の際は、近隣の方、患者様にご迷惑をお掛けするかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

9月 5日
( 2017年 )

当院職員、救命処置で人命救助

by hirayama

当院職員、リハビリ科作業療法士 綾部理恵さん夫婦が、7月に長崎市伊王島の海水浴場で海に浮いている男性に気付き、周りの方と一緒に引き上げ、心臓マッサージなどの救命処置を行い、男性はその後病院に搬送され一命を取り留めました。

先日、長崎市南消防署より夫婦に感謝状が贈られました。
綾部さんは、「職場での救命処置の研修を受けたことが役に立った」と話しておりました。

当院では、医師、看護師に限らず、医療従事者として全職員が一次救命処置ができるように、心臓マッサージやAEDの使い方の研修を定期的に行っております。
実際に人命救助に役立つことができましたので、今後も研修を続けて参ります。


表彰の様子


院内BLS研修の様子

8月 2日
( 2017年 )

本郷ふれあいセンター

by nonoshita

 

今日は、大刀洗の本郷ふれあいセンターにお邪魔させていただきました。

健康な生活を送るにあたり、日々の過ごし方として食事について。

プラスの定期的な健康診断について、お話させていただきました。

ボランティアの方が作られた昼ごはん。

早速、先にサラダ、その後こんにゃく、と声が聞こえていました。

日々の生活の中で気をつけられこと、是非実践を^_^