Skip to content

「 糖尿病プロジェクト 」の投稿一覧

11月 2日
( 2015年 )

糖尿病予防に向けて歯科との連携

by hirayama

10月22日、第4回 歯科医科連携研修会を開催しました。

この会は地域の歯科の先生方と連携を強化して、糖尿病患者さんの治療や重症化を予防することを目的として開催しております。
歯科で多い歯周病というのは糖尿病の合併症のひとつでもあり、互いに悪影響を及ぼすと言われています。
お互いにチェックしていくことが、早期発見、早期治療につながっていきます。
糖尿病による歯科と医科との連携は注目され、その取り組みは全国に広がっています。

まずは、連携コーディネートナースから定期的に発行しているパンフレット、今回は食べる順番とおでんの減塩指導、足の観察についてのワンポイントアドバイスを説明しました。

IMG_1513

次に、糖尿病内科 赤司医師より、「減塩と糖尿病腎症」の話、「糖尿病手帳の活用」についての話がありました。
当地区で作成、使用している糖尿病手帳に歯科診察記録を追加したオリジナルの糖尿病手帳の活用状況についての報告が行われました。

IMG_1521

次に消化器内科 橋口医師から「歯周病と肝炎の関係、ピロリ菌の話、逆流性食道炎と歯牙酸蝕」など、歯科領域に関連する消化器疾患について話がありました。歯科の先生方から多くの質問があり、大変勉強になったと好評な意見を頂きました。

歯科の先生方には診察が終わってから当院まで研修に来ていただきありがとうございました。
今後も情報交換を行いながら、歯科医科連携の強化を図っていけるよう、このような研修会を開催していきたいと思います。

(糖尿病連携コーディネートナース 坂本)

6月 16日
( 2015年 )

Sunset RUN & WALK in 下関

by hirayama

5月22~23日に下関で開催された日本糖尿病学会学術集会に参加してきました。
そして夕方より同時開催で行われた 「Sunset Run&Walk 」 にも参加しました。
糖尿病予防のための無理なく楽しく続ける運動習慣への取り組みを目的に毎回学会と併設して開催されています。

300名の学会参加者が、フォーマルな服装から運動着や動きやすい服装へとチェンジしてランとウォーキングを楽しみました。
中にはウサギさんとクマさんの着ぐるみをした方も・・

shimonoseki

想像以上にきつかった準備運動を終え、下関の海沿いを走ったり歩いたりして3.5kmのコースを進みました。
天候に恵まれ、素敵な夕陽が見られるかと思いましたが、残念ながら太陽は山の方へと沈んでいきました。
しかし赤く染まった空と涼しい海風の中のウォーキングはとても癒されました。

shimonoseki2

歩き終わった後は、参加者全員に配られたフグ鍋を満喫し、日中の疲れをリフレッシュできました。
学会でこのようなイベントがあるとは思わず、翌日の発表を控え緊張していた私たちに活力をもらえたような気がします。参加してよかったです。

(ICU病棟看護師 小山惠)

5月 26日
( 2015年 )

糖尿病教室~糖尿病と歯周病について~

by hirayama

毎週土曜日に糖尿病教室を行っています。

5月16日の糖尿病教室は歯科衛生士によるで「糖尿病と歯周病について」でした。

IMG_0354

歯周病は糖尿病の合併症の一つであり、大事なことです。糖尿病と歯周病の関連性について説明しました。

正常な歯肉から歯周病へと進行する過程を図を用いて説明し、手鏡でご自分の歯肉チェックも行いました。

歯周病の予防・進行予防を行う為には正しい歯磨きが大事です。
歯磨きに使用する、物品選びから正しい歯磨きの仕方について、ブラッシング指導を行っています。

もう一つは、口腔乾燥症について、唾液の働きも含め説明しました。
こちらはローテーションでテーマを変えてやっています。

唾液腺マッサージやお口の体操(口唇と舌の体操や頬の体操など)を皆さんと一緒に行いました。

毎週土曜日の午後から行っています。どなたでも参加できますので、興味ある方はどうぞご参加ください。
糖尿病教室の日程はこちら

(歯科衛生士 川邉・野口)

5月 20日
( 2015年 )

糖尿病プロジェクト4月の勉強会

by nonoshita

糖尿病プロジェクトより

私たち糖尿病プロジェクトは、月に1回程度、勉強会を開いています。
4月は「人口甘味料の使用目安量と安全について」という内容で勉強会を開きました。
今回は管理栄養士の古賀からの発表でした。

DM2
現在、『低カロリー』『カロリーゼロ』とされている商品が多く販売されており、その多くに人口甘味料が使われています。
甘いものを食べたい患者さんの中には代替として使われている方もいますが、人口甘味料の使用目安量はどうなっているのか、どの程度を許容範囲として食べて良いのかという事の認識を統一する目的で今回の話し合いをしました。

結果、人口甘味料にもそれぞれ1日の許容量が設定されていることが分かりましたが、商品には詳しい分量が記載されていませんでした。
そのため、はっきりと許容範囲を設定することが難しく、今回の勉強会では許容量の設定まではできず、もう一度詳細を調べた上で再検討することとなりました。

DM

今後も食材について定期的に話し合いを行い、患者さんへの情報提供につなげていきたいと思います。

(管理栄養士  古賀)

5月 16日
( 2015年 )

歯科シールの紹介

by nonoshita

~糖尿病プロジェクトより~

糖尿病合併症の中に歯周病があります!

歯を健康に保つことは、糖尿病のある患者さんにはとても大切なことです。

そこで歯科にも受診してほしいという、糖尿病グループの思いから糖尿病連携手帳に書き込める歯科シールを作り貼り付けています。

歯科シール

これは、歯科医師会の先生方にも協力して頂きました。

ぜひ、歯科にも受診して歯のチェックをしてくださいね。

 

(糖尿病プロジェクト 中尾 歩惟)

5月 11日
( 2015年 )

診療計画表の紹介

by nonoshita

~糖尿病プロジェクトより~

今回は、診療計画表のご紹介です。

糖尿病内科では、診療計画表を用いて糖尿病合併症予防のための検査を計画的に行っています。

診療計画

患者さんにも分かりやすい表になっており糖尿病連携手帳に貼り付けていますよ!

(糖尿病プロジェクト 中尾 歩惟)

4月 30日
( 2015年 )

糖尿病連携手帳の紹介

by nonoshita

糖尿病プロジェクトより

当院では、こちらの糖尿病連携手帳を積極的に活用しています!

連携手帳

家にこの手帳がある方は、ぜひ受診時に持ってきてください。

また、まだもらわれてない方はいつでも言ってくださいね!

これからも、糖尿病患者さんへの治療の取り組みを色々と

紹介していきたいと思います!

(糖尿病プロジェクト 中尾 歩惟)

4月 6日
( 2015年 )

臼杵糖尿病講演会

by yuakashi

2015年2月9日(月)

大分県臼杵市に行ってきました。
今回は臼杵市医師会立コスモス病院で行われている「臼杵糖尿病講演会」に演者としてお声を掛けて頂きました。
当院から赤司朋之先生、診療支援課の中尾さん、連携室看護師西岡にて講演してきました。
講演内容は赤司先生は「病態から考える糖尿病治療薬の選択」中尾さんは「糖尿病外来診療水準の向上を目指した医師事務作業補助者のアプローチ」西岡は「病院とクリニックを結ぶ糖尿病連携コーディネーターの役割」について話させて頂きました。参加して下さった職種も多職種にわたり、副院長舛友先生からも「こんなに多職種が参加する講演会は初めてです」と言われ、多くの職種の方々に関心を持って頂いた事は、私達3人にとってもモチベーションアップとなりました。
臼杵市では「うすき石仏ネット」という地域医療・介護情報連携システムの運用が開始されていました。高齢化が進む中病院・診療所・薬局・歯科さらに介護施設や訪問看護ステーション・消防署など市民と関わる医療スタッフが連携を図り、質の高い医療・介護サービスの提供を目指されていました。

images

臼杵市は小郡より車で2時間半の場所にあり、フグの美味しい町という事でした。今回は到着が夜という事もあり時間がありませんでしたが、次回はプライベートで行ってみたいと思いました。

(糖尿病コーディネートナース 西岡)

10月 7日
( 2014年 )

DITN 10月号に掲載されました

by yuakashi

1977年創刊の糖尿病に携わる全医療関係者向けの月刊新聞、DITN(Diabetes in the News)に当院 糖尿病内科がとりあげられました。
“地域医療の現場レポート”として当院の糖尿病連携について、連携コーディネートナースや、小郡七夕薬薬ネットワーク、医科歯科連携などの活動内容が一面に掲載されています。

 

IMG_8237

 

10月 1日
( 2014年 )

第19回 日本糖尿病教育・看護学会学術集会

by yuakashi

H26年9月20日21日に岐阜県で行われた、日本糖尿病教育・看護学会に参加してきました。
学会には全国の糖尿病療養士さんがたくさん参加されていました。
写真-9

当院の「循環型糖尿病連携パスの運用における糖尿病連携コーディネートナースの役割」について発表させていただきました。
発表後、座長の先生や他施設の方より大変興味深い内容であったとお声をかけていただき、今後情報交換をしていきましょうと名刺交換してきました。
看護師の新しい役割として認知していただけるように頑張っていきたいと思います。(^O^)

学会発表だけではなく、交流集会(グループディスカッション)がたくさん計画されており、私も「チーム医療成功のカギは?」というテーマで、各施設でのチーム医療について情報交換を行い看護師の役割を考えるという会に参加させていただきました。他の施設の方々との交流を持つことができ有意義な時間を過ごすことができました。

最後に岐阜について、久留米より名古屋経由で新幹線と電車を使い4時間半かかりました。とにかく遠かったです。(>_<) 長良川近くの会場で、思わず筑後川?と錯覚を起こしそうでした。 街並みも久留米市に似ていました。駅前の高層マンションも同じでした。(*^_^*) しっかり学会参加してきたので観光はできていませんが、帰路に新幹線の待ち時間を利用して名古屋!名物ひつまぶしを頂いてきました。 せいろ蒸しとはまた違ったおいしさがありました。ごちそうさまでした。(^O^)         岐阜駅前にある黄金の織田信長公像(約3m) 写真-10

        名古屋 ひつまぶし
写真-11

(看護部 糖尿病連携コーディネートナース 西岡恵子)