Skip to content

「 糖尿病プロジェクト 」の投稿一覧

7月 7日
( 2018年 )

第10回小郡地区糖尿病の基本を学ぶ会 ~西向く侍(二四六九十)セミナー

by hirayama

2016年10月にスタートした「糖尿病の基本を学ぶ会」は地域の医療スタッフ向けの勉強会です。
今回10回目のテーマは「病態から考える糖尿病経口薬」

赤司朋之先生から、この基本を学ぶ会シリーズの中でも、一番難しい話になると思います・・・と講義が始まりました。

たしかに薬物療法は糖尿病の講義の中でも難しいですが、一番勉強したい内容でもあります。
参加者の方もメモをたくさん取りながら聞いてありました。

参加者のアンケートでは、「難しかったけど、すごく説明がわかりやすかった」、「今度は注射製剤についても知りたい」などの意見を頂きました。
当院工事中で駐車場利用では大変ご迷惑をおかけしましたが、院外から119名と多くの参加があり、ありがとうございました。

次回の開催は9月5日(水)19時~20時40分 新東館5階 研修室にて
【講演1】栄養管理科 科長 片山直恵先生
  「低血糖時の捕食と低血糖にならない為の食事について」
【講演2】内科部長 赤司朋之先生
  「病態から考えるインスリンとGLP-1注射製剤の使い方」です。

興味がある!糖尿病について学びたい!医療スタッフの方、ぜひご参加ください。
当院ホームページからもご覧いただけます。

(糖尿病コーディネートナース 坂本則子)

6月 27日
( 2018年 )

月刊糖尿病 2018年6月号

by honma

当院、内科部長の赤司朋之医師が企画編集した「月刊糖尿病 2018年6月号」が発売されます。赤司医師が提唱し実践している当院のリエゾンサービスのほか、様々な病院・地域での糖尿病への取り組みが掲載されている雑誌となります。赤司医師が常に糖尿病と向き合って来ていたことが分かる一冊となります。ぜひご興味のある方はご覧になってください。

https://www.igaku.co.jp/tonyobyo/tonyobyo_1806.html

12月 22日
( 2016年 )

糖尿病の基本を学ぶ会

by hirayama

当院にて医療従事者を対象とした「 糖尿病の基本を学ぶ会 」を始めました。

この勉強会は地域の診療所のスタッフの方からの要望にて、当院の赤司先生に相談し、企画しました。
医療スタッフ向けの勉強会です。

第一回は、10月26日に 「病態から考える糖尿病治療 」 というテーマで開催しました。
院外68名、院内28名(計96名)と予想以上の参加者でした。

IMG_1276

第二回は12月7日に 「 病態から考える糖尿病治療薬とその注意点 」というテーマで開催。
院外74名、院内36名(計110名)と多くの方に参加していただき、糖尿病への関心が高いことを感じました。

IMG_2574

 

第三回は平成29年2月16日(木)19時~20時 嶋田病院 新東館5階研修室にて 「 動脈硬化性疾患および認知症、歯周病 」 のテーマで開催予定です。

糖尿病に関心やご興味のある医療従事者の方はぜひ、参加していただけたらと思います。

(連携コーディネートナース 坂本)

11月 7日
( 2016年 )

くすのき会 ウォークラリー2016

by hirayama

10月23日 糖尿病患者の会「くすのき会」主催のウォークラリーを開催しました。

患者の会である「くすのき会」の交流をかねて糖尿病の学習と運動を目的に開催してきて、今回で8回目となります。
参加者49名、スタッフ数35名と大勢に方に参加いただきました。

DSCF3212

あいにくの雨模様のため、体育館で室内メニューとなりました。
血圧測定の後、運動とクイズで盛り上がりました。

そうしているうちに、雨が止んできたため、外に出て、ウォークラリーを行うことにました。

コスモスが満開の河川敷を、班に分かれて、いつもより短いコースを歩き、さわやかな汗を流しました。

DSCF3245

途中のチェックポイントでは糖尿病に関するクイズが出題され皆で楽しく回答しながら全員完歩。

DSCF3262
室内に残った方はリハビリ担当者による体操や輪投げゲームを行いました。

運動前後には血糖測定を行いました。全員改善されており、運動の効果を実感して頂きました。

DSCF3283

お昼は今回のために作った栄養と低カロリーの「くすのき弁当」。管理栄養士によるメニューの解説付です。
栄養科スタッフが朝早くから作りました。おいしく完食しました。

DSCF3272
そのあと、毎回恒例の赤司先生による「劇団 赤司劇場」。
お芝居と替え歌で糖尿病のワンポイント講座を分かりやすく伝えました。
みんな爆笑でおおいに盛り上がりました。

最後にクイズ・ゲームの表彰を行い終了しました。
参加された方の感想として、「楽しかった、何より同じ悩みを持った友達ができてよかった。
来年も参加したい」 と、うれしい感想を頂き、今後の励みとなりました。

DSCF3280

多くのスタッフもボランティアで参加して患者さんと一緒に楽しいひとときを過ごしました。
来年もまた、元気な笑顔でお会いできますように。

(栄養管理科 片山)

10月 25日
( 2016年 )

糖尿病教室10/21

by nonoshita

久しぶりに?糖尿病教室の様子もアップします。

IMG_5462

新しく去年の11月にオープンした東館1階の代謝内分泌外来にて開催。

IMG_5463

赤司先生の元気な声が響きます(^_-)-☆

6月 28日
( 2016年 )

中原内科クリニックの紫陽花

by yuakashi

糖尿病連携コーディネートナースは、連携パスがより円滑に運用されるよう、連携パスの管理をおこない、診療所に訪問し、パス登録患者の申し送りや情報提供などを行なっています。

診療所を訪問すると、仕事の合間ではありますが、花などで季節を感じることができます。
これは三国が丘にある中原内科クリニックの紫陽花です。
紫陽花1

紫陽花2

去年訪問したときには、少し時期が遅く、いい写真を撮ることができなかったのですが、今年はたくさん咲いている写真を撮ることができました!!
「去年、撮れなかったから・・・」と私が訪問するときに中原先生が見頃の紫陽花を準備してくださっていたと受付の方から聞きました。
先生、お忙しい診療の中でのあたたかいお心遣い感謝します。

(連携コーディネートナース 西岡 坂本)

4月 13日
( 2016年 )

『 診断と治療 』に赤司医師の論文が掲載されました

by hirayama

『 診断と治療-増刊号 2016 Vol.104 』 に当院内科 赤司朋之医師の総説論文が掲載されました。

IMG_0958

今回は『 糖尿病治療の現在と未来 』で特集されている増刊号です。

世界的規模で患者数が増加している糖尿病診療に対しては、新薬や医療機器の開発により治療面で大きな進歩が見られると同時に、看護師や管理栄養士など多職種連携による療養支援体制が構築されているなど多様な側面を持つのが特徴です。
あらゆる観点から見て糖尿病診療をリードする第一線の医師に執筆が依頼されています。

IMG_09544

赤司医師は『第8章 糖尿病教育と多職種連携:地域医療連携』で連携パスや連携コーディネートナースが関わる病診連携、調剤薬局・歯科との連携、地区での啓発活動を紹介し、これらに関するアウトカムについても検証しています。

 

 

11月 6日
( 2015年 )

くすのき会 ウォークラリー2015

by hirayama

10月18日 糖尿病患者の会「くすのき会」主催のウォークラリーを開催しました。

くすのき会の交流をかねて糖尿病の学習と運動を目的に開催してきました。
今回で7回目、今年は2年ぶりの開催でした。
参加者38名、スタッフ数47名と大勢に方に参加いただきました。

IMG_1022

準備体操を行った後、天候に恵まれた快晴のもと、コスモスが満開の河川敷を、班に分かれて3キロ歩き、さわやかな汗を流しました。

IMG_1042

途中のチェックポイントでは糖尿病に関するクイズが出題され皆で楽しく回答しながら全員完歩。

IMG_0968
室内に残った方はリハビリ担当者による体操や輪投げゲームを行いました。

IMG_0734

運動前後には血糖測定を行い、運動の効果を実感して頂きました。

IMG_1095

お昼は今回のために作った栄養と低カロリーの「くすのき弁当」。管理栄養士によるメニューの解説付です。
栄養科スタッフが朝早くから作りました。おいしく完食しました。

IMG_0911
そのあと、毎回恒例の赤司先生による「劇団 赤司劇場」。
お芝居と替え歌で糖尿病のワンポイント講座を分かりやすく伝えました。
中島看護部長も参加して名女優ぶりを発揮され、みんな爆笑でおおいに盛り上がりました。

最後にクイズ・ゲームの表彰。今年は毎回参加されていらっしゃる方に継続参加賞を贈呈。
アンケートの結果、参加して良かった、来年も参加したいと全員の方から回答頂いたことが、今後の励みとなりました。

IMG_0969

多くのスタッフもボランティアで参加して患者さんと一緒に楽しいひとときを過ごしました。
来年もまた、元気な笑顔でお会いできますように。

(看護師 柏)

11月 2日
( 2015年 )

糖尿病予防に向けて歯科との連携

by hirayama

10月22日、第4回 歯科医科連携研修会を開催しました。

この会は地域の歯科の先生方と連携を強化して、糖尿病患者さんの治療や重症化を予防することを目的として開催しております。
歯科で多い歯周病というのは糖尿病の合併症のひとつでもあり、互いに悪影響を及ぼすと言われています。
お互いにチェックしていくことが、早期発見、早期治療につながっていきます。
糖尿病による歯科と医科との連携は注目され、その取り組みは全国に広がっています。

まずは、連携コーディネートナースから定期的に発行しているパンフレット、今回は食べる順番とおでんの減塩指導、足の観察についてのワンポイントアドバイスを説明しました。

IMG_1513

次に、糖尿病内科 赤司医師より、「減塩と糖尿病腎症」の話、「糖尿病手帳の活用」についての話がありました。
当地区で作成、使用している糖尿病手帳に歯科診察記録を追加したオリジナルの糖尿病手帳の活用状況についての報告が行われました。

IMG_1521

次に消化器内科 橋口医師から「歯周病と肝炎の関係、ピロリ菌の話、逆流性食道炎と歯牙酸蝕」など、歯科領域に関連する消化器疾患について話がありました。歯科の先生方から多くの質問があり、大変勉強になったと好評な意見を頂きました。

歯科の先生方には診察が終わってから当院まで研修に来ていただきありがとうございました。
今後も情報交換を行いながら、歯科医科連携の強化を図っていけるよう、このような研修会を開催していきたいと思います。

(糖尿病連携コーディネートナース 坂本)

6月 16日
( 2015年 )

Sunset RUN & WALK in 下関

by hirayama

5月22~23日に下関で開催された日本糖尿病学会学術集会に参加してきました。
そして夕方より同時開催で行われた 「Sunset Run&Walk 」 にも参加しました。
糖尿病予防のための無理なく楽しく続ける運動習慣への取り組みを目的に毎回学会と併設して開催されています。

300名の学会参加者が、フォーマルな服装から運動着や動きやすい服装へとチェンジしてランとウォーキングを楽しみました。
中にはウサギさんとクマさんの着ぐるみをした方も・・

shimonoseki

想像以上にきつかった準備運動を終え、下関の海沿いを走ったり歩いたりして3.5kmのコースを進みました。
天候に恵まれ、素敵な夕陽が見られるかと思いましたが、残念ながら太陽は山の方へと沈んでいきました。
しかし赤く染まった空と涼しい海風の中のウォーキングはとても癒されました。

shimonoseki2

歩き終わった後は、参加者全員に配られたフグ鍋を満喫し、日中の疲れをリフレッシュできました。
学会でこのようなイベントがあるとは思わず、翌日の発表を控え緊張していた私たちに活力をもらえたような気がします。参加してよかったです。

(ICU病棟看護師 小山惠)