Skip to content

「 技術部 」の投稿一覧

8月 2日
( 2017年 )

本郷ふれあいセンター

by nonoshita

 

今日は、大刀洗の本郷ふれあいセンターにお邪魔させていただきました。

健康な生活を送るにあたり、日々の過ごし方として食事について。

プラスの定期的な健康診断について、お話させていただきました。

ボランティアの方が作られた昼ごはん。

早速、先にサラダ、その後こんにゃく、と声が聞こえていました。

日々の生活の中で気をつけられこと、是非実践を^_^

2月 7日
( 2017年 )

1/28(土)第5回院内健康教室

by nonoshita

1/28(土)今年度第5回目となる健康教室を開催しました。
今回は”栄養のあんな話やこんな話”というテーマで、
栄養士より「正月を終えて、これからの食事について」という題で講演させてもらいました。

健康教室2

お正月は食べ過ぎたり、生活のリズムが乱れ体重が増加する時期です。
皆さんも“正月太り”と言う言葉をこの時期良く耳にするかと思います。
そんな正月太りを解消するために必要なことは、『バランスの良い食事を摂る』ことだそうです。
今回は、実際にご飯や野菜の模型を用いて分かりやすく解説して頂き、
参加された方々からも、とても分かりやすかったと言う声を多く頂きました。

健康教室1

今回の健康教室を通し一人でも多くの方が、
食事のバランスについて考えていただければ幸いです。

(診療支援課 健康教室委員 久保山)

1月 18日
( 2017年 )

ポスター完成!「肺CT検査のすすめ」

by nonoshita

併せて肺CT検査のポスターも完成しました。

咳が続く方、喫煙歴がある方、胸の痛みがある方など是非検査をお勧めします!

ファイル 2017-01-06 16 35 08

肺がんも早く見つかれば治療が出来ます。

胸のレントゲンだけでは早期の肺がんを見つけることは困難です。

肺がんもこの地域から亡くなる人を無くしたい!

その思いで検査をお勧めしております。

まずは、お気軽にお尋ねくださいませ。

1月 16日
( 2017年 )

今年のおせち料理1/3

by nonoshita

正月三が日、ラストの食事をご紹介しま~す。

3日朝食

3日昼食

3日夕食

お正月だけでなく、季節行事に合わせた食事をお出ししております。

またレポートします!

 

 

1月 14日
( 2017年 )

今年のおせち料理1/2

by nonoshita

お正月2日目の食事です。

当院の食事は「美味しい」と患者さんへのアンケートなどでもよく言っていただいています。

せっかくなので正月三が日分ご紹介します!

2日朝食

2日昼食

2日夕食

 

 

1月 13日
( 2017年 )

今年のおせち料理1/1

by nonoshita

もう年が明けてから約2週間が経ちましたね。

遅くなりましたが、今年の栄養管理科自慢のおせち料理です。

元旦には、院長からのお年賀を添えて、、、。

この文面はまた別の機会にご紹介します。

1日朝食

1日昼食

1日夕食

入院患者さんに少しでもお正月気分味わっていただけたのではないでしょうか?

 

12月 18日
( 2016年 )

学会参加報告(放射線科)

by akashi

第11回九州放射線医療技術学術大会

11月5日、6日の2日間、別府国際コンベンションセンター B-Con Plaza (大分県別府市)で行われた第11回九州放射線医療技術学術大会に参加してきました。

二日間に渡り九州中の放射線技師による様々な分野の研究発表がありました。
その他にも、医療機器メーカーによる機器展示や、公開市民講座など盛りだくさんでした。

参加者は総勢867名にものぼり、中でも20代から30代の若手放射線技師が大半を占め、活気やエネルギーに満ち溢れていました。

CT分野、MRI分野の発表では、当院でも使用している最先端の320列CT、3.0テスラMRIに関する研究が多くありました。
まだまだ知らないことがたくさんあることや、私が恵まれた環境にいることを改めて実感しました。

放射線技師の世界は日々進歩しています。できることが増えるとともに、技師に求められるものも高くなってきています。
私も日々学び、最先端の医療に対応していきたいです。

(放射線科 宮本)
宮本学会ブログ

11月 7日
( 2016年 )

くすのき会 ウォークラリー2016

by hirayama

10月23日 糖尿病患者の会「くすのき会」主催のウォークラリーを開催しました。

患者の会である「くすのき会」の交流をかねて糖尿病の学習と運動を目的に開催してきて、今回で8回目となります。
参加者49名、スタッフ数35名と大勢に方に参加いただきました。

DSCF3212

あいにくの雨模様のため、体育館で室内メニューとなりました。
血圧測定の後、運動とクイズで盛り上がりました。

そうしているうちに、雨が止んできたため、外に出て、ウォークラリーを行うことにました。

コスモスが満開の河川敷を、班に分かれて、いつもより短いコースを歩き、さわやかな汗を流しました。

DSCF3245

途中のチェックポイントでは糖尿病に関するクイズが出題され皆で楽しく回答しながら全員完歩。

DSCF3262
室内に残った方はリハビリ担当者による体操や輪投げゲームを行いました。

運動前後には血糖測定を行いました。全員改善されており、運動の効果を実感して頂きました。

DSCF3283

お昼は今回のために作った栄養と低カロリーの「くすのき弁当」。管理栄養士によるメニューの解説付です。
栄養科スタッフが朝早くから作りました。おいしく完食しました。

DSCF3272
そのあと、毎回恒例の赤司先生による「劇団 赤司劇場」。
お芝居と替え歌で糖尿病のワンポイント講座を分かりやすく伝えました。
みんな爆笑でおおいに盛り上がりました。

最後にクイズ・ゲームの表彰を行い終了しました。
参加された方の感想として、「楽しかった、何より同じ悩みを持った友達ができてよかった。
来年も参加したい」 と、うれしい感想を頂き、今後の励みとなりました。

DSCF3280

多くのスタッフもボランティアで参加して患者さんと一緒に楽しいひとときを過ごしました。
来年もまた、元気な笑顔でお会いできますように。

(栄養管理科 片山)

7月 1日
( 2016年 )

糖尿病療養指導士研修会

by hirayama

6/21、筑後糖尿病療養指導士会研修会が当院研修室にて行われました。

講師は、嶋田病院 内科部長 糖尿病内科の赤司朋之先生で、『新しい連携手帳の使い方とこれまでの実績』と『高齢者の糖尿病』をテーマに御講演いただきました。

IMG_6798

新しい連携手帳の話では、当院の取り組みを取り入れたページもあり、他施設の方もそのアイデアにびっくりされていました。

高齢者糖尿病の話では、高齢者の方はA1cを下げることにとらわれすぎると低血糖などのリスクがあるとのお話しを聞き、今後の療養指導に活かしていこうと思いました。

70歳以上は、『年齢÷10』を目標に・・という赤司先生が以前より使われていた治療目標も参考にさせて頂きたいと思います。

 

☆糖尿病連携手帳 最後のページに、編集委員として赤司朋之先生の名前が載っています。

みなさんの手に取られた時はご覧ください

 

(糖尿病療養指導士 久保 由貴)

 

6月 22日
( 2016年 )

肺がん予防セミナー開催しました

by hirayama

6月11日イオン小郡ショッピングセンターにて「肺がん予防セミナー」を開催しました。
開場を埋め尽くす参加者の多さに、地域の皆様の肺がんに対する興味の高さがうかがえました。
最初に、呼吸器外科の古垣医師より、肺がんについての説明。病理から治療方法まで、詳しく丁寧に話していただきました。

IMG_6586

次に放射線技師 田中より 「今話題の低線量肺がんCT検診ってなに?」という内容で話しました。

会場の皆様の熱心に話を聞いて頂く姿勢と暖かな雰囲気に、今思い返せば、とても良い時間を過ごさせていただいたように感じます。(もちろん講演中に、こんなことを感じる余裕はなかったのですが)

IMG_1551

低線量肺がんCT検診という言葉はあまり聞きなれないと思うのですが、実は肺がんの早期発見に役立つと数年前より注目されている最新の検診になります。
癌は肺がんに関わらずどんな癌でも、早期発見・早期治療が大事になります。とにかくこれだけは皆様に伝えたくて、今回講演の場に立たせていただきました。

最後に理学療法士の米川より、座ったまま出来る運動を行い、会場の皆様と一緒に私の体と心もようやく解され、今回の講演は終了となりました。

IMG_1555

今回の講演で取り上げました肺がんは他の癌と比べて生存率が非常に低いのですが、早期発見することで生存率は極端に高くなります。早期発見のために定期的な検診をお勧めします。
自分の、御家族の健康状態が気になるという方は、ぜひ一度、嶋田病院健診センターへ御相談下さい。

CT

(放射線技師 田中成児)